心理で動く為替レート


為替レートが動くのは、その国がどういう状態かが関係してきます。
国の時流や、戦争、紛争なども関係しています。
ですが、それだけではなく、本当は為替レートが動く原因には、市場に参加する人々の心理状況も大きく関係していると言われています。
心理状態が為替レートを取り回す、これは果してどうして言ったことなのでしょうか?
たとえば、アメリカドルが上がって行くと、投資している人達はどんな気持ちになるのでしょうか?
トレーダーの心理についてお話しましょう。
とても単純なパターンですが、アメリカドルの、為替レートが高まるのは、アメリカドルを貰う人が広がるから登るというシステムがあります。
需要が多ければ、多いほど、その外貨の価値が上がりますので、ドルが欲しい人が沢山いたのなら、ドルは上がります。
では、なぜドルを買いたい人が加わるのか、考えてみましょう。
ドルを買いたいという人が、どういう理由でそんなふうに想うのか、それは、その国の発展において、今後も期待しているからという理由があります。
また、たったその国の金利が良いという利点もあるでしょう。
国の資源が多くあることも理由のひとつです。
このように、その国に何か魅力があれば、通貨を購入したいと思いますよね。
ですから、米国が今後も経済成長を続ければ、今のうちにドルを買っておきたいという人が増えます。
なぜなら、今後、ドルの為替レートが上がると期待するからです。
為替レートが安っぽいうちに、ドルを購入しておきたいと、多くのトレーダーがおもうわけです。

為替レートについてその2

為替レートが仕上がる場所、外貨為替市場は、ものすごく区別すると、この市場はインターバンク市場と言って、主に銀行と銀行の間での取引と、また、いまいち、対顧客市場と言って、銀行が企業や個人に向けて立ち向かう取引、このふたつの取引になります。
通常、外貨為替市場と呼ばれるものは、インターバング市場のことを言います。
因みに、市場と呼んでも、これは建もののことではありません。
誤解している人も多いようですが、本当は、マーケットものの建ものがあるわけではありません。
世界中の金融機関がネットワークで通信して、平日の24時間、取引を続けていることを、外貨為替市場と呼ぶのです。
為替レートとして、高くなりそうな外貨を予想して買ったり、貯金のつもりで価値の下がり辛いと思われる外貨を買ったりする人もいるでしょう。
また、投資し、お金を繰り返すことを目的として外貨を貰う人もいます。
このように、人によって、外貨の利用方法は様々ですね。
たとえば、1ドルが100円の時に、1000ドルを10万円で購入した人がいるとください。
そうして、その後、ドルがのぼり、1ドルが120円になったとください。
これは、円安、ドル高という状態です。
ここで、1000ドルを手放し、円にすると、12万円になります。
そうして、差額が2万円として、単純に考えて、これは利益となるわけです。
為替レートが変動したことにより、発生する利益を「為替差益」と呼びます。
また、逆に損してしまうこともあるでしょう。
これは、「為替差損」と呼ぶのです。

心理で動く為替レート続き


発展性のある国の通貨を買いたいというのは、みなさん、おんなじ気持ちです。
短いうちに買おうと顧客がドルを購入します。
すると、ほしい人が沢山いるとなると、ドルを所持している人が、やっぱりドルを引渡すのがもったいなく受けとるわけです。
たとえば、価値があるかないかわからないツボが家にあったとください。
普段は邪魔で仕方弱いなと思っていて、友達にあげようかと思っていたとします。
ですが、そのツボをほしいという人が沢山出てきて、思わず放り出すのが勿体なく思えた、というパターンです。
話に戻りますと、ドルを買いたい顧客が沢山いる、けれども、ドルを引き渡す人が少ない、すると、ドルの価値が上がります。
買いたいとしている人は、こんなにも人気があるのなら、相当高くても買おうと心理が働きます。
結果、ドルの為替レートがどっさり上がるのです。
また、反対にドルが値下がりするのも、同じ心理状態が働きます。
不景気だから、今のうちにドルを売ってしまおうと思っても、貰う側は、ドルは取り除けるなと思っています。
貰うのを控えているうちに、値が下がります。
安くてもいいから、少なく売りたい、貰う人がいないから、余計に価値が下がります。
そうして、ドルが下落して行くのです。
世界中には沢山の顧客がいます。
顧客の心理が、どちらかに偏ってしまえば、為替レートの変動も幅が大きくなってしまう。
有事だけでなく、変動には、そういった人間の心の中も関係してくると思うと、だいぶ面白いですよね。