子どもでも株式投資できるの?


未成年の子どもも、株式投資を行うことはできます。
それでは、証券会社に口座を開設する必要がありますが、未成年の場合、その取り扱いが証券会社によって異なります。
取り扱いをかなり受付けない証券会社も多くあります。
また、口座を開設できたとしても、一定の取引には制約が適用されていることもあります。
年齢制限のない証券会社や、中学生以上や高校生以上、18歳以上などと制限が設けられている場合もあります。
なお、証券会社のほとんどで、親が口座を開設していることを条件としています。
なお、お父さんやお母さんの名義で口座を開設して、子どもがその口座で株式売買を行うと「仮名取引」として、これは違法行為としています。
また、お父さん・お母さん名義で買った株式を、子どもに将来贈与することも、贈与税の課税対象となるので注意してください。
未成年けれども口座が開設でき、取引が望める主な証券会社は、松井証券、マネックス証券、廣田証券、トヨタFS証券
などです。
共通している点は、いずれも親権者の同意書が必要となることです。
共々、子どもが株式投資を行う際は、親の責任下で資産管理や取引を行うことを意味するのです。
また、上に挙げた証券会社にも、店頭での取引であれば可能なところや、投資信託や株式ミニ投資の場合だとすれば可能、というところもあります。
いずれの場合も、未成年者の口座開設条件などが異なるので、各証券会社のホームページなどで確認してください。

株式投資で経済の勉強

あなたの子どもに、株式投資を通じて、金融に関するリスクと失敗から回復する力を抱えさせて、経済の学習をさせてみませんか?
子どもというのは、大人にのぼる過程において、自分自身が体験したことから、たくさんのことを学びます。
教育関連のことは学校で学習し、家族や家庭に関することはお父さん・お母さんや親戚の人から学びます。
一方、金融や経済に関することは、それについて専門的に学ぶ学校へ進学しない限り、さほど学ぶことがないと思います。
また、場合によっては、その知識がなかったり積み増したりしたことのないまま、社会へ1人で滑り込み、金融や経済にぶらりと取り囲まれる状況におかれることもあるでしょう。
社会人になったばかりの状態では、十分な判断能力も備えておらず、間異なる選択を通じてしまったり、選択を間違えたりしないように保守的になり過ぎて仕舞うことも多いです。
経済を子どもに報じるには、お父さんやお母さんから、経済やお金についてを、言葉や本を利用することもできます。
でも、そのような方法は、数学や国語などと同様に、あくまでも1つの“知識”として頭の中にインプットなるだけです。
経済の基本的仕組みを理解し、予覚や環境変化に対応出来る力を抱えさせたいのなら、子ども自身が環境を組み立てるために、本人の意思と考えで真に株式投資を行わせると効果的のです。
また、銀行に子ども自身の口座を開設して、預金を真にさせるのも有効でしょう。

株式投資から学ぶこと


株式投資を子どもに行わせる目的は、“売り上げる”ことではありません。
むしろ、株式投資に備わるさまざまな要因を理解し、株式投資における“失敗”を学んでほしいのです。
そうして、その失敗を子ども自身で取り戻そうとする力を学びさせるのが一番の目的のです。
極端なことを言いと、ある企業に株式投資して、その企業が倒産してしまい、子どもが投資した財産が打撃を受けたとしても、そこから“リスク”を始めとして、たくさんのことが学べるのです。
また、そんなリスクを今後回避するにはどうすべきか、または、損失を生じた財産をどうして回復すれば良いのかなどを、お父さんやお母さんの指示なしでじっくりと企てるようになります。
グングン、時間の経過とともに、経済の歴史や仕組み、財務諸表の見方、企業戦略、業界における優位性なども、関心を携えながら少しずつ理解できるようになるでしょう。
株式投資を始めると、自然と次のようなことを学ぶことができます。
・経済や金融、会社の仕組み。
・株価が上がったり、下がったりする要因や理由。
・投資に伴うリスクと、リスクヘッジの方法。
また、リスクを回復するための知識や方法。
・株式投資と投機との違い。
・マーケットのイメージとその実態。
・金利変動による企業や株価、経済に与える影響の仕組み。
・財産を時間かけて築いて行くこと。
・自分が出資した企業の事業構図を把握することで、社会の一員という意識を持つこと。

親のサポートが重要

依然として十分に直感が備わっていない子どもに、株式投資を自由気ままにやらせては、経済を学ばせるために行わせる意味がありません。
株式投資を始めるにあたって、お父さんやお母さんが子どもと共にどうしても考えさせたいことは次のようなことで。
・「投資は何のために立ち向かうのか?」という株式投資を始める目的。
・「目的を達成させるためには、お金がいかほどなるか?」という必要な金額。
・「どれだけの期間をかけて、達成させるのか?」という投資の時間。
また、はじめてから目的が達成する途中それでは、当初の予定通りに運んでいるかを確認してあげましょう。
予定を上回っている場合は、「上回った要因は何か」「それに基づいてこれから修正の必要があるか」、また、下回っている場合は、「下回った要因は何か」、判断ミスや失敗があったなら「今後失敗しないためには、どういう対策が必要か」などを考えさせましょう。
そうして、株式を購入したままにせず、価値のある教材として、その過程によっていけるようにください。
これらのことを考えさせて、答えを導く中で、それがふさわしい答えも間違っていたとしても、なんでそんなふうに考えたのかを追求していきましょう。
また、考え方が間違っている時でも、わざと除けさせずありのままやらせてみるのも大切です。
“失敗”ということを学ばせることが重要なのです。
大切なことは、株式を買ったり売ったりする際は、その都度、そうしようとした理由を必ず確認することです。
また、投資に扱うお金も、簡単に親が送るのではなくて、子どもが貯めたお金を使わせて挙げると良いです。
その金額の大きさや売買するときの判断も、十分にサポートしてあげましょう。

子どもが株式投資を始めると・・・

株式投資を始めた子どもは、1年後には次のように知的さが増していることでしょう。
・毎日にテレビでアニメ番組ばかり見ていた子が、進んでニュース番組を見るように上る。
・新聞を毎朝掴むようになる。
・インターネットのマネーサイトをチェックするようになる。
・パソコンを活かすことが出来るようになる。
・将来の夢は「企業家」と答えるようになる。
・「四季報」をよむようになる。
これらの変化が現れるかもしれませんが、最も期待しよのは次のことです。
・家庭内でのお父さん・お母さんと子どもが一緒に越す場が掛かること。
・大人へと成長したら、辛い超少子高齢社会の状況において、社会的な解釈と経済観念を備えて、生き抜いて行く力を飼う。
・お父さんとお母さんが、子どもにさまざまなことを教えて行くことで、経済の仕組みや財産を築く力を見に垂らしさせる。
「子どもに株式投資をやらせるなんて考えられない!」としている人もいるでしょうが、株式投資をすること自体は、二度と低いことではありません。
“投資”とならないように、親子で楽しみながら時間をかけて、必要な知識を学ばせ、財産のふさわしい築き方を報ずることが大切です。
そうすることで、子どもは、“お金”というものは、「与えられて扱うもの」から、「目的にかけて蓄えるもの」「時間をかけて繰り返すもの」と認識するようになるでしょう。
そうして、自分の財産をリスクから貫き、失敗したら回復する方法を自分で考えて積み増し、創造する力が養われるはずです。