不動産投資のリスクとリターン

20787937

不動産投資に限らず、株や金等何でもそうですが、これらを行って利益を得ると言うのは確実な事では有りません。
利益が出るというリターンも有れば、損失を被るリスクも有ります。
ここでは預金や株式、不動産におけるリスクとリターンについて挙げてみたいと思います。
先ずは預貯金に関してですが、銀行や信用金庫等、金融機関に預けていますよね。
預貯金に関してのリスクとは、金融機関が破綻してしまい、その預貯金が帰って欠ける事を指しています。
ただし金融機関が破綻するという確率は非常に小さく、ローリスクである事が伺えます。
しかしその分金利が低く設定されている為、ローリターンで有るという事になります。
次に株式に関してですが、購入した会社の業績次第で株は何倍にも至る可能性が有ります。
つまりハイリターンになりやすいです。
但し逆に株価が大暴落したり、会社が倒産してしまう危険性が有り、この場合は元本割れどころか損失度合いも高くなる可能性も良い、つまりハイリスクとなっているのです。
最後に不動産投資ですが、空き室が起きたり不動産価値が下がったりして収入が見込めなくなるという危険性が有りますが、不動産が残っている限りはその価値が無くなってしまうという可能性が低という事になります。
つまり、不動産投資は預貯金と株式の間という事になり、ミドルリスク、ミドルリターンである事がうなずけるのです。
そういったリスクとリターンをよく把握しておく事で失敗しにくくなります。
失敗を避けたいと思ったら、リスクが小さい預貯金を選ぶ様にのぼる等、運用の方法もなるのではないでしょうか。