FXとは


FXのことをどれくらい知っているでしょうか。
初心者けれども簡単に稼げる利殖方法としているなら、FXは止めた方がいいでしょう。
つまり、誰でもが簡単に利益を出せることではないからです。
そうしたら、利益を上げたならば、一概に税金を払わなければなりません。
これは国民としての義務ですから、FXに限ったことではありません。
また、FXだけの特別な税金の制度があるわけでもないのです。
さて、FXで利益を得るとは如何なることでしょうか。
予め、円でドルを買います。
そうして、ドルが上がったタイミングで売ると、その差額があなたの利益となります。
これを増やすことで利益を繰り返すことができるのです。
無論、たくさん売買することはできますが、毎回確実に利益が出るとは限りません。
損をする場合もあるでしょう。
また、FXの要点は買った後で売らなければ、損も得もないということです。
ただ、予想以上に損する方向に変動すると、自動的にシステムが売買を行います。
つまり、一定以上の損が出ないような仕組みになっているのです。
当然、そういった事態に繋がる前になんらかの対処をする必要があります。
毎回うまく行けばいいですが、うまく行かないことが多いと売り上げるどころか損が広がって行きます。
FXは為替の変動に対して、将来を予想することだから、かしこく予想することが重要となります。
勘で予想するのではなく、世界経済やそれぞれの国の状況を把握して、これからどうなるかを考えなければなりません。

FXの利益と損失


FXを通していると利益が出る時もあれば、損失が出る時もあります。
そうして1年を通しての損益の合計に対して税金を計算しなければなりません。
勿論、利益が出れば税金を支払うことになりますが、損失が多ければ税金は支払う必要がありません。
ところで、2012年にFXの税金制度が変更されました。
以前までは総合課税制度が適用されていました。
これはFX以外の給与収入などと合計した金額に対して課税する方式です。
現在ではFXだけのプラスマイナスを計算して税金額を計算する方式に変わっています。
なので、FXで損失がオーバーしていると税金を払わなくていいだけではなく、損失を3年先まで延ばすことができます。
つまり、翌年の利益から今年の損失分を相殺できるのです。
それほど損失を出している人が多いのかもしれません。
ただ、これらの制度の変更はFX以外での収入が多い人にとって得となりますが、低所得者層にとってはざっと恩恵がありません。
また、FXの利益だけで生活している人も同じです。
自分がどういう収入で生活して出向くかを考えるところ、FXが占めるウエイトをきちんと考えておかなければなりません。
収入の計画を立てれば、それに合わせて税金の計算ができるのです。
いずれにしても、FXで利益を掲げることが先決です。
損をしたときの対策ばかり考えても意味がありません。
何のためにFXを通しているのかわからないでしょう。
毎日、FXのグラフを見ながら売買を通している人は、一層全体的な流れを見るべきです。

FXと税金の注意


収入があれば税金を支払うことは当然ですが、FXで利益を上げても税金を払わない人が少なくありません。
税務署から指摘されるまで放置しているのです。
当然、少額であれば押しなべて税金はかかりません。
ただ、FXで大きな利益を上げている人は確実に税金を払わなければなりません。
税務署から指摘されてしまうと、追徴課税として、多額の税金を払わされることになるでしょう。
まずはいつのタイミングで税金を計算して、いつ払えばいいのでしょうか。
サラリーマンの人は会社が税金の計算をして、給与天引きですからきっと考えたこともないでしょう。
つまり、税金と収入について勉強しなければならないのです。
なので、再度考えなければならないのは、できるだけ支払う税金を燃やす工夫です。
脱税をするのではなく節税をするのです。
勘違いしないようにください。
インターネットではFXで簡単に利益を出せることができると書かれていますが、案外軽々しくはありません。
実際には損をすることの方が多いのです。
つまり、税金を支払う必要がありません。
やはり、誰もが利益を出そうとしてFXを通しているのですから、最初は損失を出したとしても、だんだん要領がわかってきてじわじわ利益をもたらすことができるのです。
それでは、どういうら税金がかかり、節税の方法はどうすればいいのかを調べて下さい。
間違う情報ではなく、ふさわしい情報を見極める知識が必要です。
情報収集の決め手としては確申ときの税務相談に出かけてみましょう。