研修費


企業において社員教育を行う研修制度は必要不可欠なものです。
研修を受けるには無論研修費が発生します。
人は企業の大切な資産であり、仕事をするのは社員なのですから、社員一人一人のレベルアップを図ることによって企業の業績アップを図ることができるのです。
そのため仮に経費節減のためといっても、研修費を削減するのはめったに企業にとってよろしいこととは言えません。
しかしながらただ研修を受ければいいというものでもなく、研修を受ければしっかり社員のレベルが上がるとは限らないのです。
ですから年甲斐研修など無駄を省いて経費節減することは可能なのです。
社員研修を行う場合、外部研修と内部研修2つの方法があると思います。
内部研修は企業内で行なうものです。
よく仰る「OJT」もこの内部研修にあたります。
OJTは実地研修ということで、現場を本当にみて仕事をしながら覚えて出向くというものです。
OJTを行う場合、現場で広める役目を許す人間が必要です。
ただし本当に現場で告げる人は、自分が仕事をするのに精いっぱいでどうも他の社員に仕事をしだいに報じる余裕はありません。
そのためOJTを行うのであれば事前にきちんとその目的と目標などを明らかにしておいて、指示しておく必要があります。
外部研修の場合は、あちこちで開催されています。
ですからその中から一概に選ぶことが大切です。
外部研修を受けるには勿論費用がかかります。
受けてちゃんと役立つものを事前に下調べして、じっと選ぶ必要があります。
また研修を受けさせる社員も適格に選ぶ必要があります。
適切な人間に適切な研修をうけさせてこそ意味があるのです。

現金仕入れ


大企業の場合は難しいと思いますが、中小企業などの場合、商品や材料の仕入れは現金で行った方が安く買い取ることができると思います。
商売では現金が一番喜ばしいからです。
手形で買うより、一気に使える現金でもらった方がいいからです。
手形で払う場合と現金で払う場合、勿論現金の場合の方が安く仕入れることができます。
これをうまく利用して仕入れを安くすることができれば大きな経費節減になると思います。
仕入れ業者に対して、現金で払う代わりに仕入れ価格を下げてもらえるように交渉をするのです。
但し現実問題、なんだかそこまでの現金を助かるものではありません。
だから可能な範囲内で現金払いとしていきます。
全部の仕入れ先に対して現金払いにするのではなく、一部の仕入れ先だけに限定するのです。
その仕入れ先の選び方としては、在庫となっている商品以外の仕入れ先の中から選ぶようにします。
その中から値下げ効果のあると思われる仕入れ先を選びます。
当然資金繰りできる範囲の金額で選びます。
現金払いをする時として、自己資金で試せる範囲の金額にするようにしましょう。
現金払いするために、あえて他で融資を通して支払っていては意味がありません。
資金繰りのやりくりができると思われる仕入れ先を選ぶことです。
手形で支払っていた分を今度は現金で払うわけですから、さすが二重に払う月がでてくる。
影響が最小限になるように、売上が少ない時期を選ぶといいです。
これだけでも全然経費節減につなげることができると思います。

リサイクルトナー


プリンターやコピー機のトナーにリサイクルトナーを使うことは正規品を使うよりも最も安く経費節減になります。
リサイクルトナーは、トナーの部品となっているドラムやマグローラーやローラー、ワイパーブレードやトナーを毎回交換してクリーニングを行い点検、テストを通じて再生トナーカートリッジとなっています。
極めてわずかですがきちんとした点検もせずに再生トナーを出荷している悪徳業者がいましたが、ほとんどが信頼出来る業者で保証もしているため安心です。
リサイクルトナーは使い終わったら、数回リサイクルしてリサイクル不可能として各成分に分別して鉄くずや製紙原料、燃料原料などとして再利用します。
リサイクルトナーはかなり品質が良くなっています。
10年も前任とは格段に品質が良くなっています。
以前のものはトナーで周りが汚れてしまったり、印字濃度が一定にならなかったりと使用に大きな不安がありました。
以前は品質があまりだと正規品しか使っていなかった企業もありますが、経費節減に相当役に立つリサイクルトナーは利用価値が見直されています。
現在ではリサイクルトナーも正規品と同等レベルの高品質を保持しています。
リサイクルトナーは使い終わったトナーを回収して分解し組み立ててトナーを充填し、製品検査、印字テストを経て梱包されて出荷されます。
苦しい検査とチェックが行われていますから安心して取り扱うことができます。
経費節減を考えるのであれば、とにかくリサイクルトナーを使ってコストを削減するといいと思います。