太陽光発電


太陽光発電は、太陽のエネルギーを使って電気を供給するシステムです。
環境にも優しく地球温暖化防止にも貢献するものです。
この太陽光発電を取り入れることで企業も家庭でも、電気代の経費節減とCO削減をすることができます。
太陽光発電は稼働時にも有害もの質を誠に出さないので環境に極めて素晴らしいシステムです。
また災害時においても日頃充電した電気を使うことが出来るため、ライフラインを確保することができて安心です。
太陽光発電を取り入れていることで、環境に貢献している企業であると言えるので、企業のイメージアップにつながります。
勿論一番大きなメリットは電気代を削減出来るため経費節減になるということです。
太陽光発電を導入するには多額のコストが必要となります。
但し導入には国や地方自治体から補助金がでますし、税制優遇措置もとられていますからうまく利用して対価を抑えるようにするといいです。
取得額の7%について税額を控除されます。
これは法人税額の20%を限度額と設定しています。
国からの太陽光発電に関しての補助金以外に各都道府県においても補助金制度を通しているだがあります。
国と都道府県の両方の補助金がもらえる場合と両方は受けられない場合があるので、事前に一概に調べておくことが必要です。
導入コストはかかりますが、長い目でみれば月々電気代を払っているよりも安くすむと思います。
環境にも優しく、災害時にも安心して過ごすことが出来る太陽光発電を取り入れてみるといいと思います。

電動アシスト自転車


電動自転車の価格が一時期よりは結構安くなってきて各家庭においても普及し始めてきています。
こんな中、企業においても社用車から電動アシスト自転車への利用に変えるところもでてきています。
経費節減のアイデアとして電動アシスト自転車の効果は大きいです。
自動車から自転車に切り換えることで購入コストを削減して経費節減出来ることはもちろんですが、環境にも配慮することができます。
再び自動車から自転車にすることで運動不足も解消して健康にもいいのでその効果は絶大です。
街中などでは自動車よりも自転車の方がだんぜん機動力が増します。
歩行者しか通れないような細長い道も通り過ぎることができますし、渋滞も関係ありませんから、時間も読みやすくなります。
健康志向により自転車に注目が群がる中、坂道でもラクラク上がることが出来る電動アシスト自転車への関心が高くなっています。
最近では自転車に乗った状態でも充電出来るタイプの電動アシスト自転車が販売されています。
電動アシスト自転車で使われている電池には2種類あります。
たいして価格が安い電動アシスト自転車の場合はニッケル電池を、価格がおっきいものの場合はリチウム電池が使われています。
経費節減に足代を削減することはとっても大きいです。
近年、宅配業者それでも配達をトラックから電動自転車に切り替えているだがあります。
宅配業者の営業所からある程度ほど近い範囲では、自転車に乗った配達員が荷物を配達している姿を見かけます。
自動車の購入費も維持費もかかりませんから、かなりの経費節減になっていると思います。

上手なカード利用


これは家庭における経費節減のアイデアです。
近年様々なカードが発行されています。
これらをうまく利用して割引特典やお得なサービスを受けることで経費節減につなげることができます。
カードには銀行のキャッシュカードの他にクレジットカードや電子マネー、プリペイドカードなど誠に様々な種類があります。
カードを何種類も保ちすぎて、カードに振り回されないようにしながら上手く活用して利用することが大切です。
その他薬局などでもよく使われているポイントカードもあります。
ポイントカードには繰り返し書き変えて使われるリライカードもののもの、ポイントを磁気管理するタイプのものなどがあります。
ポイントをこまめにためることで、何百円分かに換算して商品を購入することができたり、スキな商品と交換できたりもします。
このような場合、毎回違う店で買いものするよりも、ある程度固定の場所で買いものを通してポイントを貯めて割引サービスを受けた方がしっかりお得です。
またSuicaやICOCAなどのようにチャージ式タイプのプリペイドカードもあります。
現金を持つこと無く支払いが出来るため便利です。
利用金額によってポイントが貯まって、還元繋がるシステムなどもありますから賢く利用することで生活費の経費節減に役に立つと思います。
どんなカードがあるのかを把握して、無駄にたくさん持つのではなく効率的にカードを以てかしこく使い分けていくといいです。
カードの使い方次第で何倍もポイントが貯められるようになりますし、お得な優待サービスを受けることができます。
自分のライフスタイルにあったカードを見つけてかしこくつきあっていきましょう。