会社設立するなら株式会社と合同会社のどっちが良いのでしょうか


新会社法が始まってから、株式会社設立には資本金が1円以上あれば取締役も1人以上いれば設立する事が可能となりました。
また合同会社も設立出来る様になり、株式より安く簡単に設立可能という事でスタートしました。
そこで会社設立にあたり株式会社と合同会社、どちらで設立した方が得なのでしょうか。
この2つの会社について比較してみましたのでどちらの形態で会社設立すべきか悩んでいる方はぜひ参考にしてください。
たぶん会社設立を通してどうして展開していきたいのか決めておく事が重要となります。
株式会社の場合はものが主体となって展開して赴き、合同会社の場合は人が主体となって展開して行くものと覚えておいて下さい。
たとえば仕事展開として設備投資等コストを有る程度かけて事業を著しく展開して赴き、それに対して利益を出そうとするだとすれば株式会社はそれに見合ったものだと思います。
対して設備投資にはそんなにお金をかけず人の携帯している知識や技術を提供する様な仕事展開を通して出向くならば合同会社がそれに見合ったものだと思います。
これにより、株式会社それでは資金を出した人に対して凄まじく利益が赴き、合同会社まずは知識や技術を渡した人に対して利益が分配されるという事になります。
つまりものを作って売りたいなら株式会社の方が良いし、人を現場に出して働いて貰う様な会社なら合同会社が良いという事なのです。
だから会社設立にあたって株式会社を設立するのが良いか、合同会社を設立するのがよいかは何を主体に仕事するのか明確に決めてから選ぶ様にすると良いのです。

とっくに有限会社で会社設立している方


もう有限会社として会社設立を通している方は、新会社法がスタートした際に株式会社に統一されたという事で、今後なんでいこうか躊躇う方は多かった事と思います。
新会社法が施行された後、有限会社で既に立ち上げている方が今後どうして対応したら良いのか挙げてみたいと思います。
【有限会社のままにする】
新会社法施行後、有限会社を新たに設立する事は出来なくなりました。
ただし既存の有限会社まで無くなってしまうのではなく、特例有限会社という事で引き継ぐという事になります。
中身としては、有限会社は株式会社に一元化するから、扱い自体は株式会社としての扱いに変わります。
ただし特例として名前だけは有限会社のまま変えないでいこうというものなのです。
また実態は株式会社に変わると言っても特に手続きが必要という事ではなく、有限会社とか株式会社とか気にしないで仕事が出来るのです。
【株式会社として仕舞う】
実態が株式会社なら一層の事、商号を変えて株式会社としてしまうという方法が有ります。
これにより特例有限会社としてではなく、新会社法に則った株式会社として入れ替わるのです。
手続きも簡単で先ず解散を通して、新たに登記するという商号変更形式になります。
費用はある程度掛かるものの、名実共に株式会社になるのは会社設立にとっては大きな事だと思います。
こんな事は素人だと苦しいし大変だと思いますので、ひとたび名人に次第に相談してみると良いと思います。

有限会社で継続あるいは株式会社に変更でどちらにメリットが在るのでしょうか


有限会社で今まで会社を運営してきた場合、新会社法適用後、有限会社として引き続き残すか、株式会社に商号変更するか面食らうと思います。
会社設立にはメリット・デメリットが在るのです。
そこでそれぞれのメリットを挙げてみましょう。
先ずは有限会社を存続させる事へのメリット。
これには会社名に対する信頼度が出るメリットが有ります。
長年常に会社が存続してきた証であり、歴史在る会社として相手にリライアビリティを達する事が出来ます。
次に有限会社でいる事で、株式会社には義務化されている役員変更や決算公告をしなくても良いというメリットが有ります。
次に株式会社に商号変更する際には少なからずコストがかかってしまいますが、有限会社のままですとそのコストが不要となります。
また名称が変わる訳では有りませんので、許認可等の変更手続きもしなくて良いというメリットが出て来ます。
次に株式会社に商号変更する事によって出るメリットについてですが、株式会社として名称変更する事で対外的信用度が増す事になります。
次に株式会社にする事で会社に会計参与とか会計監査人を捨て置く事が出来ます。
これにより決算書に信用度が伸びる事に繋がりますので融資をしてもらう際にも大いに有利になります。
どちらを選んだとしても一長一短が有りますので、こんなメリットをよく踏まえてどちらにしたら良いのか考えていくと良いでしょう。
仮に今の会社を再び大きくしていきたいと待ち望むのであれば株式会社として会社設立しても良いと思いますし、今のままちょっとずつ進んでいきたいとしているのであれば有限会社のままでいる等、状態に合わせて選択すれば良いと思いますよ。