「税金対策」とは?


あなたは「税金対策」を通じていますか?「税金対策」とは、法を順守したうえで、税金を過剰に払わなくてすむように、税金に関する知識をもち、納める税金をできるだけ薄くできるように行動し、しっかりと対策を立てることです。
ところが、税金対策は、悪意を秘めた行動をしたり、法律に反した行いをしたりすると、脱税や違法な行為とされ、犯罪とみなされることがあります。
そのため、税金に関するふさわしい知識を学んで、税金対策を上手に始めましょう。
税金対策に、家庭で、または個人で取り組みたいとしている方は、とにかく住民税について見直してみましょう。
場合によっては、あなたの家庭では住民税の控除が受けられることもあります。
新車を購入しようと考えている人は、どのくらいオプションを付ける予定ですか?車を購入したり取得したりするたまにかかる税金は、オプションによって高くなってしまいます。
車の購入代金も、税金対策の1つになるのでよく確認しましょう。
退職金にも税金がかかります。
退職金の税金は、控除額が大層広いので、その計算方法を確認することが大切です。
退職する時期に関しても、税金について理解し考えておくと良いでしょう。
税金を滞納すると、リスクが2重3重に高まってしまいます。
単に事業主の方は、税金を滞納すると、会社の破産につながるので、税金についてしっかりと理解していなければなりかねません。
また、個人事業主の場合は、さまざまな控除が認められ、運賃や給料、貸し賃などは単価として認められます。
上手に利用して、税金対策に役立てましょう。

税金対策に取り組む前に


余分な税金を支払わないように、税金対策に興味のある人も多いでしょう。
それでもその前に、では「税金」について、しっかりと理解を深めることが大切です。
「税金」と聞くと“おっきい”や“無くなる”といった、あまり良くないイメージがあるかもしれません。
但し、私たちの生活は、弊社が納める税金や企業が納める税金などによって成り立っているのです。
イメージの良くない税金ところが、税金についてよく理解し、マイナスイメージを払拭して、税金対策に役に立て下さい。
税金は、毎日弊社が利用している社会資本(道路や橋など)を整備したり、犯罪や災害から財産や生命を守ったり、生活が困難な人を保護したりするなど、弊社が元気で豊かな生活を送るために、あまりに必要となるものなのです。
これらは、民間の活動だけでは助けることができないことが多いため、国や地方公共団体から「公共サービス」として提供されています。
その内容としては、他にも上下水道の整備、公共施設や学校の維持・管理など、私たちの暮らしに身近な取り組みから、産業の振興や国土の開発など幅広く携わっています。
このように、弊社がより良い生活を送るために、国や地方公共団体は、多岐にわたる仕事を通じていますが、それにはとても多くの費用が必要となります。
そうして、その費用を「税金」という形で、弊社が負担しているのです。
税金とは、社会の一員として、弊社が毎日暮らしていくために課さなければならない、“会費”というものなのです。

「税金」の役割


税金対策を行う前に、しっかりと「税金」のことについて知っておく必要があります。
まずは、税金の役割について説明します。
税金の主な役割として、国や地方自治体の経費調達がありますが、それ以外にも次のような役割があります。
1、税を払う能力は、全ての人がおんなじとは限りません。
資産や所得などの負担能力のある人、要するに、税金の負担能力の高い人に、税金をより課し、能力の低い人には少なくしたり免除したりしています。
また、それと共に、社会保障を太くすることで国民の富の格差を縮めて、社会を安定化させ公平な社会秩序を保つ役割があります。
このように税金を通じて、資産や所得の再分配が図られています。
2、好況の時には、所得が上がるため税収が増し、逆に、不況の時折、所得が収まるため税収も鎮まるので、自動的に民間の需要を調節するという、景気の“調整弁”となっています。
このことを「自動調節機能」と言います。
また、景気を調節させるために、景気の後退時折減税させ、過熱時折増税させるという手段が政府によってなくなる場合もあります。
3、税金は、経済政策の1つの手段として役割を担っています。
「租税特別措置法」により、税金免除・特別償却の税額控除や早期償却など、また軽減税率などを採用するという減税措置によって、経済政策を強化することができます。
4、輸出を促すために、輸出には減税をしたり、輸入を増加させた業者には税の特典を付与したりという役割もあります。
また、国内産業を海外産業から保護するために、外国からの輸入には関税を課しています。
税金の重要な役割を知って、上手に税金対策をください。