節電手段のポイント

節電は、常に心掛けているかもしれませんが、、その手段が、最適なのかどうかは、判断が、難しいところでしょう。

ごファミリー内であれば、自分自身自身で判断することも出来ますが、、オフィスの節電は、専門業者として取り組むべき課題です。

それでは、オフィスでは、どのような節電手段が、有るでしょうか。

ベスト1楽々なのは、エアコンを、弱くすることですが、、設定温度が、見えているとどうしても下げたくなってしまいます。

自動制御でエアコンを、コントロールして、知ら無いうちに弱くなっていると言うケースが、おススメです。

それから、オフィスでも、工場であれば、デマンド契約を、しているところが、少なく有りません。

デマンドとは、電力会社と取り交わす割引契約のようなものです。

所定の契約電力を、設定しておき、その値を、越えたら違約金が、発生しますが、、越えなければ割引料金と成るシステムです。

もちろん、この制度は、有るくらいの電力を、使っている専門業者が、対象と成りますから、貸しビルの一部を、オフィスとして使用している専門業者では、適用されません。

いずれにしても、自分自身自身のオフィスのこれ迄の使用電力量を、確認して、それを、どれくらい下げることが、出来るかを、かんが、えることが、キーポイントです。

計画もなくエアコンの温度を、上げましょうと言っても、社員の士気は、高く成りません。

上から押し付けられた目標であれば、誰でも、守ろうとし無いでしょう。

エアコンの制御を、するシステムと社員の心持ちを、考慮して節電を、すすめなければ成りません。

それを、実現することで会社の経費が、どれくらい倹約出来るかと言う数字も公表することです。