デマンドと節電手段

専門業者におけるオフィス内の節電手段の一つは、デマンド監視です。

もちろん、これは、電力会社とデマンド契約を、しているケースでは、だけですから、すべての専門業者が、対象と成るわけでは、有りません。

ただ、デマンド契約を、している専門業者のいっぱいは、かなりの電力を、使用していますから、節電効用も桁相違と成ります。

具体的な手段を、少し案内しましょう。

デマンド監視とは、30分ごとに所定の契約電力量を、越え無いようにすることであり、数字を、見なが、ら要するな時には、エアコンを、停止させたり、マシーンを、止めたりする要するが、有ります。

工場のケースでは、は、マシーンを、止めることは、影響が、大きすぎますから、エアコンの停止で乗り切ることに成ります。

又、オフィスにいる人手によってデマンド監視を、する手段も有りますが、、自動制御装置を、導入すれば自動的にエアコンを、停止させることが、出来ます。

もちろん、節電を、最優先にする手段ですから、暑くても強制的にエアコンを、停止することに成るでしょう。

おもい付きで節電効用を、得ようとかんが、えるのは、無理が、有ります。

工場全体として最適化することが、キーポイントと成ります。

専門業者によって節電の手段は、いっぱいあるですが、、まずは、どのような電力を、使用しているかを、分析することが、重要です。

一般的には、空調と照明、そしてOA機材となっていますが、、工場であれば、工作マシーン等の電力が、ベスト1大きいでしょう。

これらの項目のなかで節電の為に停止させられる部位を、ピックUPしておかなければ成りません。

その上でデマンド監視時の制御対象とするのです。