オフィスの節電手段

家族全員での節電手段とオフィスでの節電手段は、違うのでしょうか。

もちろん、そのエリアにいる人の人数は、相違ますが、、基本的にかんが、えるべきことは、同じなは、ずです。

だけど、お客様との対応が、あったり、ジョブを、進める上でどうしても要するな機材を、動作させる要するが、あったりします。

つまり、オフィスの節電では、、どの部位を、重点的に節電するかを、しっかりかんが、えなければなら無いのです。

現実にどのような使途に電気を、消費しているかを、確認することから始めましょう。

一般的な統計を、見ると空調機が、半分以上を、占めており、その後照明、OA機材と続きます。

これ程で全体の8割近くに成ります。

これによって空調の電気代を、倹約することが、ベスト1手短と成るのです。

エアコンの調節温度を、1度上げることでどれくらいの効用が、出るかは、部屋の配置や、パーソナル・コンピュータ等の使用頻度によって変わってきますから、一概に言えませんから、まずは、試行してみることです。

社内で一斉に28度に設定して業務を、開始しましょう。

現実の消費電力は、外温度とも関連しますが、、設定温度を、上げれば確実に消費電力は、少なく成るは、ずです。

それだけで目標を、遂行出来ることならいいのですが、、それでも、ダメなケースでは、が、問題です。

照明を、減らすことは、作業効率の低下やミスを、誘発しますから、極力避けなければ成りません。

節電を、した為に商材の品質が、低下してしまっては、、本末転倒と言われてしまうでしょう。

キーポイントなことは、社員全員が、協力して、その職場で出来る節電の手段に取り組むことでは、無いでしょうか。