経費節減とは


不況と言われ続けている近年、売上不振や資金繰りなど経営に関しての問題を抱えている会社はたくさんあると思います。
経営にはお金が居残る経営とお金が残らない経営があります。
商品の売れ行きは良く売上金額が2倍になっていたとしても、何故か手元に余るお金は貫くことも多々あると思います。
手元にたくさんお金を記したいならば、売上金額を差し上げるのではなくて利益をあげなくてはならないということです。
そうしてその利益を見せるために何より有効な方法は、こっちが払うお金を燃やすこと、つまり経費節減をすることです。
真に経費節減を行うとして何をしたらいのかいくつか挙げてみます。
初めて練り上げることは賃金の削減だと思います。
リストラを通して社員を何人か燃やすことによって年間でいくらか経費削減をすることができると思います。
電気代や広告費や電話代など簡単に実行できそうなものから経費節減を通していくと確実に結果を出すことができます。
事務用品やコピー用紙はリサイクル品を使うとか、紙の裏側も取り扱うとか、コピー機やプリンターなどで使われているトナーはリサイクルトナーを使うなどしても年間でかなりの経費節減をすることができます。
リサイクルトナーの価格は、正規品よりも格段に短いのです。
ですからどんなに数カ月行なうだけでもかなりの効果を期待することができます。
企業が大掛かりな経費節減を行う場合は、識者である経営コンサルタントに相談を通して見ることも一つの手段と言えるでしょう。
 

経営コンサルタント


企業の経営状態について公明正大な視点で見てアドバイスを通してくれるのが、経営コンサルタントです。
現状業務を客観的にみてチェックしてくれるので、何が無駄で何をすれば経費節減できるのか的確なアドバイスをもらうことができると思います。
経営コンサルタントは、企業の不調を指摘するだけではなくその原因も分析して頂ける。
そうして対策案を示すことで企業の力になって頂ける。
ですから社内で経費節減についてできることを考えて実行し、それだけではやりきれなかった場合、外部からの視点でアドバイスをしてもらうことでさらなる経費節減効果を差し上げることができると思います。
経営コンサルタントになるには国家資格はありません。
民間資格や経営コンサルタントになるための検定などは行われています。
しかしながら企業の分析を行う力は必要なわけですから、企業を観察する力、分析する力、内容を整理して構成して行く力、企業に指導するための指導力、アピールするプレゼンテーション力などが必要とされます。
経営コンサルタントになるためには厳しい能力を必要とするのです。
本当に企業の経営診断は中小企業診断士が行いますし、税務関係は税理士が行います。
許認可関係の書類作成は行政書士が行いますし、経営に関しての法律事務は弁護士が行います。
つまりそれぞれ専門の分野のプロがいるわけですから、これらの知識もある程度は持ち歩いていなければ太刀打ちできないのです。
世界まずはMBAを取得している人が経営コンサルタントを通している場合が多いです。
日本においてもMBAを取得していた方が、経営コンサルタントとしてはたらく場合優位になるので持ち歩いていた方がいいそうです。

イノベーション


経費節減を行うために最も大切なこと、それは社員のイノベーションです。
企業にはたらく社員たちが自ら経費節減について意識して行動しなければ、結果を生み出すことはできません。
企業で人が動くということはそれだけで様々な経費がかかっているのです。
給料にビルの賃料、電気水道ガスなどの光熱費、郵送費など多くの経費がかかっています。
これらはすべて企業にとって必要な経費と言えますが、ただし無尽蔵に消費していいものではありません。
売上よりも経費を手広く使ってしまえばそれは赤字になってしまうからです。
売上をアップして経費節減をするこれが理想的な形です。
経費をぶち壊すことはできません、ただし削減することはできます。
経費節減できた経費は丸ごと企業の利益となるのです。
普段何気なく使っているものにどのような経費があるのかいくつか挙げていきます。
それでは「エネルギーコスト」に分類されるもので、電気代、ガス代、水道代などがあります。
次に「オフィスコスト」に分類されるもので、通信費、コピー代、ビルの家賃、宅配代、郵送代、メンテナンス代、社用車のリース代、事務用品代、OA機器代、器具代などがあります。
そうして「オペレーションコスト」に分類されるもので、給料、もの流費、不良品などがあった場合のロス経費があります。
これらの経費節減をするには、3つの段階があります。
では大元の契約条件から見直しを策すること、次に使用量などを燃やすなどする運用改善を行うこと、最後に設備を閉じ込めることで経費節減を考える設備改善を行うことです。
ただし経費節減を通じても、商品やサービスが低下しては意味がありません。
そのためにも社員が一丸となってイノベーションを行い、経費節減に取り組む姿勢が重要となるのです。