会社設立とは


この世、会社設立に関して法律が変わった為に資本金が1円でも会社設立が出来る様に変わってしまいました。
こうなると簡単に会社を作ってしまおうなんて想う方も出て来ると思うのですが、何となく税金面等、これからお金が必要になる事も生まれるので安易に会社設立をしない方が良いというのです。
先ずは個人事業ひと通り仕事をして赴き、上手くいきそうであれば会社設立という形にした方が良いと思います。
また会社の「信用」という面から考えてみても、資本金が1円となるとちゃんと大丈夫かな、と不安を与えて仕舞う事にもなりかねません。
会社設立をする際には、設立後にかかるお金や運転資金、税金の事等を考えてからの方が良いと思いますよ。
ちょっと前までは、株式会社を探る為には資本金が1000万円、有限会社を作りあげる際にも資本金が300万円とある程度のお金が必要でそれが信用にも繋がっていました。
但し今現在では有限会社という会社が姿を消し、資本金も1円からという事で株式会社を立ち上げちゃう人がある程度多くなってきたのです。
やはり、他の法人方式で会社設立をする方もいますが、一般的にみて一際多いのはそういった形の会社設立で決める。
会社設立をした際の税金としては、通常の内緒税金の他にも、法人税がなくなる事になってしまいますので、覚えておかなければ後ほどビックリする事にもなりかねませんよ。
これからの会社設立は設立して信用は得られたとしても運営資金において難が出て来る可能性も否定出来ないのです。

新会社法について


新会社法という法律が新たに誕生し、有限会社という会社は無くなってしまいました。
そうして株式会社として1円の資本金で会社設立が出来る様になったのです。
また、少人数けれどもOKし、役員が設立者1人であってもOKし、会社設立に関する手続きも短期間で出来る様になりました。
こんな会社設立に関する法律はとても画期的な事だと思います。
そういった事から、個人事業主の方けれども簡単に会社設立が出来る様になり、社会保険への加入が可能となったのです。
これは個人事業主にとって大きなメリットと言えるでしょう。
但し会社設立はそういったメリットばかりでは有りません。
さすがデメリットも出て来ます。
代表的なデメリットとしては税金面に関する事です。
個人として支払う税金以外にも法人税も支払わなければならないということなのです。
収益に関して赤字決済になってしまったとしても、法人税はしっかりとかかってきますので、そういった税金面はしっかりとクリアして行く必要が在るのです。
会社設立は今までの会社法とは変わり、資本金の安さだけでなく取締役や監査が会社設立にかけて人員が必要だった事も人員的緩和によって1人でも設立が出来る様に良くなったのはいともいいことだと思います。
今までは色んな制約があり、会社設立は多くの方に敬遠されていた感じが有りましたが、新会社法が設立されたおかげで会社設立がますます柔軟になり、多くの人が会社設立を通しているといった現状の様に感じます。

会社の登記について


会社設立にあたっては登記をしなくてはいけません。
その登記ですが、自分で行う事は出来るのでしょうか。
出来る出来ないの話であれば個人で登記を行う事は充分に可能です。
会社設立に必要な書類を作り、資本金を銀行に入れて、定款に承認を得て、登記をします。
これだけ見ていると簡単そうに感じますが、必要書類はとても繁雑で作り上げる書類、集める書類とたくさん有りすぎる位です。
会社設立にあたってそういった登記に関する事も勉強の為にやってみたいという方なら、会社の仕組みを理解すると言う点でもぜひオススメしたい事だと思います。
人に頼むのは簡単ですが、自分の言葉で考えで作っていう方が失敗になり辛いというのです。
勉強するべき事がたくさん有るので、それに時間を取られて仕舞う事も考えてみて、ただでさえ会社設立時は慌しいのに、登記に時間を割けるのか、その点も観る小手が大切となります。
登記に時間を割けないとなるとエキスパートに頼んで書類作成をしてもらうという事は充分に可能だが、その時には作成された書類を鵜呑みにせず、しっかりと目を通し把握する必要が有ります。
社長となるのですから、この点は当然の事でしょう。
また書類作成には自身で用意する書類も有りますので、かなりノータッチという事にはなりません。
登記自体は自分で出来ますが、以上の事を踏まえて判断し、自分に当てはまる方法で登記を通して行く様にください。
どちらにしても判断力と行動力は大切ですよ。