外人の会社設立方法


もはや日本では多くの外人労働者が働いています。
中には会社設立をする人さえいるのです。
ただ外人は日本人と違いますから、日本で会社設立をするとなると就労制限が付けられていないビザを発行されている人、つまり日本に永住ないしは定住している人になります。
また日本国籍の取得者や帰化した方、日本人の配偶者を持つ方もこれにあたります。
これらに該当しない外人が会社設立する場合には日本入国のビザ申請が必要になりますし、今や日本にいて日本に設立しようとするだとすればビザの変更が必要になります。
このビザにも種類が有り、外人が日本で社長や経営、管理の仕事をするには「投資・経営」といったビザを取得しなければならないのです。
外人が日本に会社設立するには絶対的に避けては通れないもの、それがビザです。
そういったハードルがやっぱりあるのですね。
では投資・経営ビザはいつ取得したら良いのでしょうか。
このタイミングはほんとに鈍い様な感じがしますが、会社設立を通じて、本当に業務が出来る様になったらで捨て置くそうです。
このビザが必要なのは会社の役員、や部署のリーダーになった場合だと認識してくれれば良いでしょう。
また会社の事業内容に継続性があるか、安定しているかも審査の対象となるそうですし、オフィスが実態として日本に施設を所持している事、職員が2名以上いる事、そうじゃなければ500万円以上の投資が出来る事が条件として入る事になります。
そういった条件を全てクリアした上で外人が日本に会社設立出来る様になるのです。

会社設立ときの専門家の選び方


司法書士、行政書士といった専門の知識と資格を持っている人達がいます。
そういった人達は会社設立の際にひどく役に立つ上級になります。
会社設立後にはそれはそれで税理士や公認会計士といった上級を選ぶ様になると思います。
会社設立時折とにかく司法書士と行政書士が役立つと思いますが、事務所によって得意、不得意が在ると思いますので事前に調べた上で相談に行くと良いでしょう。
会社設立に対して司法書士が出来る事と言うと、会社設立ところ関する手続きの全て、事業形態に関するアドバイスを通していただける。
また会社設立に関してとにかく困難登記手続きに関する作業の代行も行っていただける。
しかし認可等の行政上の手続きは司法書士は行えませんので、これは行政書士に依頼する事になります。
場合によって依頼先を使い分けて会社設立を通して出向くのが良いでしょう。
インターネットで調べてみると色々な口コミ等も有りますので、見てみると良いでしょうし、実際に問い合わせてみても良いかもしれませんね。
次に会社設立後は先程も挙げた税理士、公認会計士の上級に依頼をするのが良いと思います。
自分で手続きを全てやってもいいと思いますが、豊富な知識を持っている上級に頼むと良いでしょう。
また社会保険や労務といった内容は社会保険労務士にお願いください。
こんな上級を上手に利用して自分で出来る所は自分でやって、会社を上手に運営して出向く様にください。

定款の書き方


様々な事を会社設立ではしなくてはなりません。
迷う事も凄い多いと思います。
その内の悩みの一つが定款の作成になります。
定款の書き方をどうすればいいのか分からなくて悩んでいる人は結構多いというのです。
これに躓いて会社設立がSTOPしてしまう事もあるかもしれません。
ではここで会社設立で行う定款作成について書き方の流れを挙げてみたいと思います。
先ずは絶対に記載しなければならない「絶対的記載事項」という事項、記載しなくてもいいけど記載すると効力が生じる「相対的記載事項」という事項、義務も効力も記載しても何にもありませんが方針自体が明確になるので株主総会時等で役に立つ「任意的記載事項」という事項の3つの事項が挙げられます。
そういった内容をちゃんと踏まえた上で書式によって記載して出向く事になります。
ただし定款を書面にて作成する場合は収入印紙代に4万円が鳴る事になります。
その上、定款はなくさない様に管理をしっかりとしなくてはならないのです。
こういう面で便利なのが電子定款になります。
パソコンの文書にて定款を作成するというものです。
4万円の収入印紙代は必要なくなります。
また紛失する可能性も少なくなりますが、バックアップを充分取り置く事が必要になります。
どちらを選んでも良いとは思いますが、定款の書き方には書面と電子の2種類が在る事を覚えておきましょう。
その上で内容を正しく把握して記入する様にください。