企業の資本調達方法


企業を創業しようとするときには資本調達が重要な課題となります。
如何なる場合それでもお金がないと始まらないのです。
資本調達の方法には如何なるものがあるでしょうか。
あなたが起業しようと考えているのであれば、その方法を知っておくことだけではなく、自分でできる方法を考えておかなければなりません。
ともかく、自己資金による資本調達です。
これは必要とするお金を自分が持っているということだから、一番確実で安全な方法と言えます。
やはり、完全の自己資金である必要はありません。
一般的には半分以上あれば理想と考えられています。
一際創業時は安定した経営とは言えませんから、自己資金が多ければ余裕を持つことができるのです。
自己資金の他に、家族や友人などから調達する場合が多いようです。
借金の中それでもリスクが少ないと考えられます。
但し、知り合いということで経営に甘えが生じることも考えらえます。
危機感が薄れて来る。
家族と雖も返済条件を明確にして、それを順守する気持ちがなければなりません。
そしたら、資金だけではなく精神的なサポートをめぐっていただけるお客様から調達するケースもあります。
このようなお客様をエンジェルと叫ぶこともあります。
自分の技術力や人柄を信頼して、資金を提供してくれる人です。
こうした人に報いるためには、起業を成功させることが恩返しとしていいでしょう。
最近は各種団体が起業家を助けるケースも出てきています。
インターネットでも情報を入手することができるようです。
その他にも融資制度や金融機関を利用して資本調達をするケースがあります。

負債と資本


ほとんどの企業は銀行などの金融機関から借金を通じて事業を行います。
資本調達の方法として融資としているのです。
このような資本調達は、資本としてお金を持ち歩いているのですが借金だから、負債資本と呼ばれます。
つまり、いつかは返さなければならない資本なのです。
勿論、負債には利息が付き物だから、負債を持ち歩いているだけでコストがかかります。
これを負債コストと言います。
資本調達において、負債がどれくらいあるかということで企業の経営の安定度を量ることが一般的です。
損益伝票などの会社の経営状態を知るための数字はたくさんありますが、負債と資本の関係をよく理解することが重要です。
あなたが会社の経営者であれば、勿論そのようなことは常識として知っていることでしょう。
資本における負債資本を除いた自己資本の比率は自己資本比率と呼ばれます。
会社の健全度を示す指標として使われます。
自己資本比率が良いほど安定した経営状態と言えるのです。
どういう企業も売り上げを伸ばそうとしています。
そのために事業を拡大していきます。
自己資本が十分にあれば、新設借金をしなくても事業拡大が可能となります。
但し、そうでなければ、借金を繰り返すしかないのです。
事業拡大にはある程度リスクが伴います。
事業がいつでも成功するとは限らないのです。
仮に、失敗した場合は最悪の結果として借金だけが増えてしまう。
そのような恐れのある企業は銀行などが融資をけちるケースもあります。
事業に失敗して倒産する企業は少なくないのです。

資本調達のコスト


資本調達の方法には何かとありますが、一般的には借金です。
借金であるからにはなんらかの形で利息を支払うことが必要となります。
それを資本調達コストと言います。
銀行などからの融資の場合は直接的な数字として利息があります。
また、株式の発行などによる資本調達では、利息を支払う必要はありませんから一見するとコストはないと思われがちです。
ただし、株主が株式を購入するのは、企業が売り上げを伸ばして得ることを期待しているのです。
それが目に見えないコストとして考えられます。
利益を繰り返すためには資本調達コストを最小限にすることが確実な方法です。
資本調達コストは企業から外へ行くお金を意味しているからです。
企業を経営して行くためには経済的なことをよく知っておかなければなりません。
ただ、売り上げを引き伸ばすために一生懸命になるだけではいけないのです。
やはり、販売の最前線に立って陣頭指揮を執ることも経営者として必要なことでしょう。
ただし、大局的見地からもの事を見分けることは尚更大事なのです。
どのようにすれば売り上げを持ち上げることができるかを考えるよりも、どのようにすれば利益をつりあげることができるかを考えることです。
目先のことだけを考えていても、会社は軌道にのぼりません。
資本調達によって資金を集めたならば、それを効果的に使わなければなりません。
間違っても借金を繰り返すだけで終わってはいけないのです。
このように経営者には重要な役割があるのです。
そのことを知った上で、会社の創業を考えて下さい。