水道代削減


水も大切な資源です。
水道代も電気やガスと同様に、公共料金として毎月支払っている企業が多いと思います。
毎月払うものそれで、これを削減できたら大きな経費節減に達するはずです。
水道代は一般的に上水道と下水道の2つの料金を合計したものが請求されています。
上水道で使った量を以て下水道でも使っているとみなして換算しているので「見なし制度」と言われています。
但しじつは散水した分などが下水道には入らない消失分があるので上水道と下水道を絶対おんなじ使用量と考えるのはおかしいことなのです。
消失分について正しく計測することができれば、その分使用量を減らして水道代も燃やすことができます。
これにはきちんとした申請が必要です。
「下水道排出量減量認定申請」と呼ばれるもので、この認定申請を行うためには測定メーターを設置しなければなりません。
しかしながらこの測定メーターがやけに割高ものそれでなんとも多くの水道を使う場合においてしか経費節減につながらないかもしれません。
たとえばホテルや病院、スーパーや工場、学校など多くの消失量を見込める場所の場合は、割高機器を設置してもトータルでみれば経費節減をすることができると思います。
更に簡単に望める水道代削減方法として、「節水コマ」を利用する方法があります。
これは水道の蛇口の内部に取り付けて扱うもので、コマの突起部分が水流を阻害していただけるため蛇口を半開しているときの流出量を5%から10%程度制することができるのです。
ホームセンターなどで安価で購入できるため、設置するといいと思います。

電話代削減


通話を通してもしなくても電話の固定料金は発生します。
固定料金を燃やすことが経費節減に大きく影響してくると思います。
企業によっては一般の電話回線やインターネット回線そうしてADSL回線などいくつもの回線を通じているとことがあると思います。
しかしながら複数の回線を引くとその分固定料金も発生して来る。
大いにの事情がなければ、専用回線を退く意味はあまりありません。
専用回線として隔てることのメリットが固定回線の料金を払うこと以上にあるのならば話は別ですが、そんなことはないと思います。
電話代削減のためには、統合出来るものはすべて統合することが宜しいということです。
統合すればその分固定料金が鎮まるわけですから、経費節減に大きな効果を挙げることになります。
出来る限り回線を燃やすことが電話代削減のポイントです。
また携帯電話についても見直すことが大切です。
今では社員全員に携帯電話を持たせている企業も少なくありません。
携帯電話にかかっている経費だけみても、かなりの金額となっています。
ですから社員の携帯電話の使用状況について徹底的に調査を行ない、面倒でも個人ごとに合わせた最適なサービスに変更することがかなりの経費節減になります。
最近ではおんなじ会社の携帯電話同士ならば通話料が無料になるところが多いので、このようなサービスを上手く利用して電話代削減につなげる必要があります。
見落しがちですが携帯電話はちゃんと見直せば大いに経費節減につなげることが出来る分野です。

コピー費削減


普段会社で何気無く使っているコピー機、本当はかなりのコストがかかっています。
コピー用紙やトナーなどの部品に費用が鳴ることはもちろんのこと、コピーして出力するごとにコピー機に取り付けられているカウンターによってカウンター料金が発生するのです。
カウンター料金は保守料金につながっています。
コピー機には定期的なメンテナンスが必要となります。
印刷するときに高熱を発しているので部品を消耗しやすく、定期的なメンテナンスを行う必要があるのです。
このような保守にもかなりのコストがかかります。
実際コピー用紙の代金を削減するよりも、このカウンター料金を止めることの方が大きな経費節減効果を生むのです。
コピー費削減するために出来ることは、このカウンター料金の単価を安くできないか、業者と引き下げ交渉を行うことです。
とっくに締結している契約内容を変更することは至難の業ですが心がける価値はあります。
交渉に失敗した場合、それほどの方法として新たにコピー機を貰うという手段もあります。
新たに買う際に、カウンター料金を安く交渉して新規に契約を締結させるのです。
かなり料金が下がって経費節減になることがありますから、コピー機を新規に購入する代金などと照らし合わせてメリットがある方を選ぶといいと思います。
また日常業務においても、たくさんのコピーをする場合、可能とすればパソコンからプリンターで印刷した方が経費節減になります。
トナーも正規品とリサイクルトナーではかなりの価格差があるため、リサイクルトナーを使うようにした方がいいです。