新会社法による会社設立に関して変更された点とは


株式会社設立にあたって、新会社法適用前とこれからは1人でも会社設立が可能になった事が大きく言えると思います。
元々は取締役3人、監査役1人の計4人いなくてはならなかたのが、取締役1人で良くなったのです。
これが一番大きく変わった点だと思いますが他にも有りますのでいくぶん見てみましょう。
元々の会社設立では発起人という人を決めなくてはなりません。
発起人とは会社設立に対して賛同してくれた人の事で会社設立時に要する手続き等を通してくれる。
そうしてここで発起人が決まったら会社名の確認をしなくてはなりません。
同じ業種で同じ名前の会社がおんなじ市区町村にあるかどうか確認をしなくてはならなかったのです。
しかも至急確認が終えるなら良いのですが、確認作業、審査作業に対してかなりの時間がかかっていたと言いますので名前仲間形づくるのも大変だったのです。
但し新会社法適用後は会社名の確認作業をする必要がなくなったのです。
その為にどういう名前も迫る名前でもつける事が出来る様になりました。
ただし、ここからは倫理の問題だというのですが、誰もが知っている大会社の名前を文字って作るのは注意した方が良いでしょう。
第三者から御認識される可能性が有りますし、その大会社から訴えられるかもしれませんので注意してある程度の配慮はください。
そういった事が主に変更された点になります。
その上で会社設立が決まりましたら仕事に関する基本的事を決めておく必要が有ります。
名前、事業内容、社の拠点地、コストのかけ具合等、会社設立に関する規則を少しずつ決めていきましょう。
そうしてある程度決まったら会社名と代表者名の印鑑を作成しましょう。
会社設立までにある程度扱う事になりますので用意しておいた方が良いですよ。

会社設立を簡単に立ち向かう方法


イメージ的に会社設立をするとなると全然むずかしい事の様に感じますよね。
サラリーマンとして企業に勤めている人からしてみたら、会社設立なんて自分には無縁の事の様に認識している人も多いと思います。
それでも会社設立って意外にも特に夢の様な話ではない様なのです。
本当は持ち家を貰うより、車を貰うより、簡単に適う事かも知れません。
自分で全部行うとなるとそれはさんざっぱら一大事ですが、会社設立に関するベテランに手続きを任せる事で在る程度簡単に会社設立が行えるからです。
無論、全てベテラン任せという事では有りません。
会社の名前、事業内容、所在地等、決めなければならない事は有ります。
定める事を決めたら後は書類作成と手続きになりますので、代行サービス業者を利用すると良い訳です。
本当に、会社設立に関する手続きって凄い多いのです。
素人が手を付けると嫌になって仕舞う方も多いかもしれません。
あまりにもベテランにお願いする依頼料を支払うのが嫌で、自分で手間を惜しんでもやるというなら別ですが、そうじゃないのなら、手続き等は他に任せて自分は事業の事に専念するようにしてみてはいかがでしょうか。
新会社法がスタートしてから、会社設立にかかる費用は大幅に低くなったと言われています。
経済的負担が軽減されているのです。
その為にベテランに依頼しても前よりは利用し易くなっているようです。
会社設立をする手続きは結構何かと有ります。
但し全てを自分で行なう必要はないのです。
自分の会社設立の際には効率的に会社設立が出来る様に、その方法を選んでいくと良いと思います。
納得して作業を進めて赴き会社設立を効率よく進めていただける様にしていきましょう。

株式会社は設立しやすくなったのです


商法や有限会社等、会社に関する法律と言うのはバラバラで1つにまとまっている物まずは有りませんでした。
なので1つに法律をまとめようと平成18年5月に新会社法が施行されました。
この法律が施行されて大きく変わった事と言うと、有限会社という種類の会社はなくなり、株式会社に統一されたという事になります。
これにより取締役独自の酷い会社、規模がでかい会社等、設立出来る様になったのです。
また株式会社は本来資本金が最低1000万円無ければだめでした。
但し法律が変わってからは資本金は1円からで良くなり、会社設立のハードルが低いのです。
まずは会社設立をする為にはどういう方法を使うと良いのでしょうか。
手続きや届け出を全て自分で立ち向かう方法、ある程度自分でやって出来ない部分はプロフェッショナルに依頼する方法、全てプロフェッショナルに依頼する方法と有ります。
また会社設立前に立ち向かう手続きだけじゃなくて、設立後も色んな手続きはしなくてはならなくなります。
また会社設立に巡る費用も何かとかかる様になります。
資本金1円から焼き上げると言っても費用まで1円という訳にはいきません。
会社設立をする際には、資本金だけじゃなくて色んな費用が発生します。
こんな費用は大体25万円程陥る様になっていますのである程度のお金は必要になります。
またこの値段も新会社法成立後大幅に下がるという事ですので再度会社設立しやすくなったと言えるでしょう。
確かに会社設立には不安は見て取れると思いますが、設立しやすくなったこの時代、立ち上げてみようとしていた人はやってみると良いかもしれませんね。