税金対策の方法


税金対策を行う方法は、ものすごく2種類に分けられます。
一種は、払う税金を薄くできる税金対策で、すでに一種が、税金の支払いを遅くする税金対策の2つです。
一種目のように、コストを余計にかけずに税金の支払いを速くすることができれば、それは至って効果的税金対策と言えるでしょう。
一方、2つ目のように、当期分だけ税金を切り捨て、その分来期は増加して仕舞うような税金対策もあります。
2つ目は、資金繰りを考慮すると効果的のかもしれませんが、長期的にみれば節税効果はないでしょう。
効果のある税金対策とは、当面の税金を早く払うことではありません。
税金の支払いを遅らせるだけでは、本当の意味の「税金対策」と言えないので気をつけましょう。
税金対策を効果的に行なうには、税法に関する知識を習得していなければできません。
なぜなら、税金の仕組みはわかりにくいですし、会社の事情によって対策を入念に企てる必要があるからです。
また、いわゆる“ノウハウ本”だけを読んでも、ほとんど役には立たないでしょう。
たとえば、株式を第3者に持って貰うことで、法人税を節税することができたり、前期まで消費税の免税事業者であったけれど、当期の設備投資の額が大きくなるとわかっていたため、当期は課税事業者として消費税の還付を受けられたりできます。
節税の効果的方法はさまざまありますが、個人事業主の方は、会計事務所や会計士などからアドバイスを受けると良いでしょう。

「税務調査」について


税金対策とは、納税額を税法の範囲内で最小にすることです。
ところが、同じように納税額を燃やすために道を逸れた行いをする「脱税」は、犯罪行為となります。
国民は納税義務があり、税務当局は「質問検査権」の行使を通して、「税務調査」を行います。
そうして、納税者は「受忍義務」があるので、税務調査に応じなければならず、突っ撥ねることはできません。
もっと、税務調査の際に、調査官の質問に対して、正当な理由無しに答えなかったり、虚偽の記載をした帳簿を見せたりした場合は、罰せられることもあります。
要するに、税務調査は原則としてつっぱねることはできないのです。
税務調査と言っても、いくつか種類があります。
特に、ものすごく分かれるのが、「強制調査」と「任意調査」です。
「強制調査」とは、国税局査察部が「国税犯則取締法」において捜査令状を持参して、強制的に浴びる税務調査のことです。
悪質な脱税のケースに対する告発などが目的です。
「任意調査」とは、通常浴びる調査で、「準備調査」と「実地調査」があります。
「準備調査」には、税務署内で実施される「机上調査」と、調査の対象となる会社に現に足を運ぶ、「外観調査」があります。
「机上調査」とは、対象の会社が提出した申告書などや、ゲストなどが提出した法定調書、金融機関への反面調査による書類などから、実地調査が必要かどうかを決めるために行われます。
「外観調査」は、実地調査の前に、調査官が事業の概況を把握するために実施されるものです。
ふさわしい税金対策を行うためにも、税務調査についてしっかり理解しておきましょう。

税務調査の「任意調査」について


税金対策を通じていると、税務調査が心配になる方も多いようです。
税金対策のためにも、税務調査は如何なる方法で実施されるか把握しておきましょう。
税務調査には「強制調査」と「任意調査」があり、任意調査には「準備調査」と「実地調査」があります。
そうして、実地調査には、「一般調査」、「現況調査」、「反面調査」、「特別調査」、「特殊調査」があります。
「一般調査」とは、通常実施される調査で、調査の対象となる会社が提出した申告書や決算書などに誤りがないかを確認します。
勿論、通常の調査なので、事前に会社や顧問税理士に連絡が入り、日程の変更などもできます。
「現況調査」とは、いわゆる“抜き打ち調査”のことで、事前連絡なしにやにわに行われます。
内部告発にて、不正の情報を事前に掴んでいるケースや、証拠隠滅の恐れのあるケース、前回不正が発覚しており、今回連絡しないほうが喜ばしいケースなどに行われます。
「強制調査」ではないですが、日程の変更などは酷いようです。
「反面調査」とは、調査をしても明白な説明を得ることができなかった場合、金融機関やゲストなどに対して行われます。
「特別調査」は、準備調査を実施した結果、一般調査だけでは結果が十分に得られなかった場合に実施されます。
強制調査ではありませんが、脱税の疑いがある場合に行われ、調査の日数には制限がなく、細部に渡って調査されます。
「特殊調査」は、単独調査では十分な結果が得られない可能性のある、グループ系列の企業などに対して実施されます。
税務調査の方法を知って、ふさわしい税務対策を行いましょう。