クリック365とは

15795576

「クリック365」という言葉を耳にする機会が増えてまいりましたが、あなたはこれからご存じでしょうか。
おそらく、今、ここにアクセスしてくださったかたのほとんどが、外国為替証拠金取引に興味があるかたではないかと察します。
そうでないとすれば、純粋に「クリック365」とはいったい何のことであるのか、実にわからない・・・ということで調べたということになりますね。
せっかくですから、クリック365について、まったく何の知識も無いというかたにも分かるようにご説明してゆきたいと思います。
先に触れましたとおり、クリック365といいますのは、外国為替証拠金取引の一種です。
正確に言いますと、クリック365というのは、東京金融取引所が市場を開設、運営している外国為替証拠金取引のことを言います。
通常の外国為替証拠金取引におけるトレードとは違っていて、取引所取引であるというところがポイントと言っても良いでしょう。
外国為替証拠金取引というのは、最近、よく耳にするようになりました「FX」というものです。
順序が逆になってしまいますが、かなり知識の弱いかたのために、外国為替証拠金取引についての説明を次回、いたしましょう。
今回は、ともかくクリック365です。
このサービスは、2005年7月1日に開始されました。
そんなに昔のことではありません。
ですので、サービス開始当時は、実際よく耳にしたものです。
その時に見比べますと、最近は定着した感があり、耳にする機会もやや少なくなってきたように思います。

クリック365の詳細を説明する前に

あなたは現在の時点で、外国為替証拠金取引を行っていますでしょうか。
恐らくは、ブログのこの辺りをお読みになっているかたは、まだ行った事が無いかたが大半ではないかと思いますがいかがでしょうか。
これから先、なにかほんの些細なきっかけによって、あなたも外国為替証拠金取引を設けることになるかもしれませんし、もしかすると、もう取引をやってみようと思って、そうして色々なブログで調べているのかもしれませんよね。
そんなかたにとっては、このクリック365もどうしても知っておいて望むと思います。
さて、ここで一番初めの記事で書いたことに戻ります。
「クリック365というのは、東京金融取引所が市場を開設、運営している外国為替証拠金取引のことを言います。」と書きました。
これは、どういうことかと言いますと、外国為替証拠金取引というのは、それを専門にやっている会社がありますし、株など他の売買を行っていながら、外国為替証拠金取引の売買も行っている会社もあります。
最近は、外国為替証拠金取引を取り扱う会社が非常に増えました。
そんな中でクリック365は、「東京金融取引所」が市場を開設し、運営しているということなのですね。

東京金融取引所とは

東京金融取引所と言いますのは、1989年、金融先もの取引法に基づいて設立されてから今日に至るまで、日本で唯一の金融先もの取引所なのです。
東京都の千代田区丸の内に所在しています。
名前が長いため、「金融取」や「TFX」などと叫ぶこともあります。
東京金融取引所は、設立された当時、金融機関を会員とする法人であったのですが、2004年の4月に株式会社化いたしました。
東京都内には、「東京四大取引所」というのがありまして、この東京金融取引所も4つの中に含まれています。
その他の取引所は、東京証券取引所・東京穀もの商品取引所・東京工業品取引所です。
東京金融取引所におきましては、クリック365が上場されている為替証拠金取引市場と、ユーロ円金利先ものと、同オプションが上場されている金利先もの等取引市場が開かれています。
ですが、システムといたしましては、為替証拠金取引市場と金利先もの等取引市場とは別のシステムで運営されているのですね。
クリック365が関係する為替証拠金取引市場で使用されているシステムは、マイクロソフト社のWindowsをベースとしたシステムで、これは日本の取引所では唯一のシステムとなっています。
日本ユニシスが運用を担当していましたが、2008年の10月27日をもって日立製作所のシステムに変更されたということです。
株主には有名な銀行や証券会社などを保ち、テレビコマーシャルも放送するなどしています。