CFDって何の事でしょうか


証拠金取引の種類の1つで「CFD(Contract for Difference)」という取引が有ります。
日本語で言うと「差金決済取引」と言われています。
株式や商品っていうもの理的原資産で取引を行うのではなく、原資産の取引と同じ様に世界中で行われている金融商品をレバレッジを効かせる事で売買するというものになります。
勿論値動きは反映されているのです。
良く分からないという方の為に、イメージとしてはFX取引、または先もの取引という様な感じと言ったら伝わるでしょうか。
CFD取引が対象としているのはとっても多くの金融商品の値動きで、株式や業種別指数、商品先もの、株価指数等が挙げられます。
CFDは最近出来たものまずは有りません。
昔からあるものらしいのですが元々は機関投資家だけで行われている取引だったそうです。
但し近年においては世界の主要国にいるCFD業者が、CFDがいまだに全然盛んでない日本に入ってきて、顧客獲得に参入しているという情報が有ります。
だからこそ、近年CFDは金融取引商品として急成長しているのです。
日本で最初にCFDが行われたのはひまわり証券だったそうです。
ひまわり証券自体が色んな新しい金融商品取引を取り入れるのが手っ取り早い会社で、FX取引も最初に導入したのがひまわり証券だと言われています。
当然今は色々手が出しにくいCFDですが、案外簡単に関わる事が叶い易い取引だと思いますので、今後の動向が注目浴びる事でしょう。

CFDの現在に至るまで

今はCFDと呼ばれている金融商品ですが、その昔は「エクイティスワップ」と呼ばれている金融商品だったそうです。
一般のトレーダーが取引をする金融商品ではなく、機関お客様若しくはヘッジファンドと言った特定の人だけが取引できる金融商品として誕生したそうです。
その為に、一般のトレーダーには随分浸透していなかった商品だったそうです。
但し時代は広く変わりました。
その背景にはインターネットの普及が言えると言って良いでしょう。
本来は店頭や電話等で主に取引を通していたと思いますが、インターネットによってその取引もオンライン化が主流となりました。
そのおかげか世界中で金融商品はもの素晴らしい加速で発展を遂げていく事になります。
それと一気にCFDも特定のお客様からトレーダーが取引を出来る様に変わってきたそうです。
CFDが最初に普及し始めたのは1990年代のころ、イギリスで商品が提供されたのが最初だった様です。
そうしてそこからヨーロッパ全域に広がっていき、北米等にも広がって言うと言います。
今では普及率もかなり広がってきているそうですが、アジア圏ではまだ普及率が低くてこれから発展されて出向く商品だと思います。
そういった事情からイギリスやアメリカと言ったCFD強国はアジア圏でのCFD普及を目指して顧客獲得に躍起になっているそうなのです。
とりわけアジア圏では強国の日本に注目が集まっているそうです。
今後どうしてCFDが日本で成長していくのか楽しみでも有りますよね。

CFDはFXと何が違うのか


いまや世界中で多くの人が取引を通じているというFXですが、近年じりじり普及しつつあるCFDとは何が案の定違うのでしょうか。
簡単に言ってしまうとCFDとFXには大差が無い様に思えます。
とも「差金決済取引」という取引に属するからです。
FXを通じている人、勉強している人ならイメージが張り付くと思いますが、FXもCFDもまさに見て取れる商品で売買取引をする訳では無いのです。
CFDは株式や業種別指数、商品先もの、株価指数等の値動きを見て取引が行われています。
対してFXは世界中の通貨を取引対象とした取引になります。
この2つは証拠金取引或いはレバレッジ等が使われて行われていますが、その仕組み自体にあまり違いは無いと当てはまるでしょう。
しかし扱える商品自体がCFDの方が圧倒的に多いという事だと思います。
これがCFDとFXの大きな違いと言えるのではないでしょうか。
この事がCFD取引を行う事の楽しみの幅を広げる事に繋がると思います。
通貨だけじゃない値動きの動向を見て取引が出来るのは、顧客としては嬉しい取引に繋がるというのです。
こんな事情から、日本では今はFX程浸透していないCFDですが、今後FXと同じ位の成長を遂げるであろうと取り扱い業者の中それでは思われています。
その為に「ポストFX」とCFDは呼ばれているのです。
世界中まずは当たり前の様に取引が行われているCFDですが、日本でこれからどうして成長して行くのか今後が気になる取引であると言えます。