会社設立のメリット


仕事をして行く上の形態としては個人事業主でも充分に行っていただけるのですが、会社設立をした方が仕事面でメリットにのぼる事が多い様なのです。
そこで株式会社、合同会社の設立についてのメリットを挙げてみましょう。
ひとまず会社設立においての最大罹るメリットと言うと「社会的信用が得られる」っていう所でしょう。
会社設立時折登記をしなくてはいけません。
登記されると登記簿謄本に載る事になり、そこである程度の会社の実態が把握出来る様になります。
この謄本は誰でも閲覧可能ですので相手方に対してリライアビリティとリライアビリティを加える事が出来るのです。
また、相手方によっては個人はNGで法人じゃなきゃ取引しないという場合もあるので仕事のしやすさと言う点でもメリットとなると思います。
次に気になる税金面に関してですがとりの売り上げが900万円以上と望める場合、会社設立した方が個人より税金が安くなると言われています。
次に「会社チャンスが染み渡る」というメリットが挙げられます。
例として介護保険サービスを挙げてみましょう。
この事業に参入する為には指定事業者になる必要が有りますが、条件として「法人である事」が必要となります。
個人でやりたくても出来ないという事になり制限されてしまいますので法人になっておいた方が会社チャンスが蔓延るというメリットが得られるのです。
最後に「責任の限定」です。
個人事業での失敗時、責任は全て個人が負わなくてはなりません。
但し法人の場合は有限責任と言って出資金の範囲に限って責任を負うという限定された責任になります。
ただし、融資を受ける際に代表者が保証人になってしまった場合はこの限りではありません。
すごく挙げて以上の様な事が会社設立のメリットとして考えられますので良く検討してみましょう。

新会社法って何でしょうか


日本では新会社法が施行された事により、今までと比べて会社設立が簡単に出来る様になりました。
株式会社の設立を例に挙げてみると、株式会社設立にはメンバーが4人以上、資本金1000万円を要しなければなりませんでしたが、新会社法ではメンバーが1人以上、資本金1円からでも良くなったのです。
ですからメンバーが足りないとか、資本金が足りないとかで会社設立を諦めていた個人事業主の方のハードルがぐいっと下がり、会社設立しやすくなったのです。
また株式会社の他に合同会社と呼ばれる新しい形態の会社設立も出来る様になったのです。
ここで新会社法が施行されてからの会社設立の抑え所を挙げていきましょう。
資本金は根っから、株式会社1000万円以上、有限会社は300万円以上必要でしたが、これが撤廃されて最低1円からで大丈夫になりました。
また、何年以内に資本金をある程度増やさなければならないという制限も無くなりました。
ですから今までに比べて会社設立がしやすくなりました。
次に役員に関してですが、予め取締役として3人、監査役として1人が必要でした。
これにより家族が役員になるケースも多かった様です。
今では役員は取締役1人からで設立可能になった為、1人っきりの会社が出来る様になったのです。
次に今までは資本金払込の手続きが金融機関によって、時間と労力が加わり大変面倒だったのですが、個人の通帳のコピーと残高証明によって出来る様になったので手続き自体が思い切り簡単になりました。
引き続きメリットは有りますが、新会社法がスタートした事で会社設立がしやすくなった事がお分かりいただけると思います。

新会社法スタートによる会社設立以外の事


新たに発足した新会社法。
この施行により会社設立がしやすくなりました。
ただしそれ以外の事はどうなったのかポイントを挙げてみたいと思います。
先ずは有限会社に関してですが、新会社法以降は株式会社に会社が一体化繋がる事を受けて、有限会社は新たに設立出来なくなりました。
ただし今まで有った有限会社は特例有限会社として残る事になります。
もしも有限会社から株式会社に名称変更をしたい場合には商号変更をしなくてはなりませんので覚えておきましょう。
次に確認会社に関してですが、新会社法が始まった事により最低資本金という概念が廃止になりますので、確認会社制度は廃止になります。
それに伴って、確認会社設立から5年以内に資本金が株式で1000万円、有限で300万円までに増資しないといけないという決まりが無くなったのです。
さりとても何もしなくても良いかと言うとそんな事はなく、「5年以内に増資が見込まれないなら解散する」という定款にある文言を消しなければならなくなったのです。
こんな事が新会社法が始まってからの会社設立に向けてのポイントになります。
会社設立には株式会社、合同会社と有り、どちらにしようか悩まれる方、会社設立自体をした方が良いか悩まれる方と多々いると思います。
知識が無いだけで損をしてしまう事だって見て取れるのです。
会社設立を考えたらエリートに相談する等、より良し方向に進んでいただける様にしていきましょう。