商品券のメリット


会社の忘年会や新年会の景品に商品券やギフト券を用いると、税金対策の効果があります。
商品券は、お客様向けのキャンペーン企画や懸賞、人物へ贈るお中元やお歳暮などに結構喜ばれます。
中でも食品ならば、現ものと違って、受け取ってから賞味期限や消費期限を気にして、少なく食べないといけないと、お客様を急がせることもありません。
さらに、ギフト券を差しあげるキャンペーンなどは、懸賞のスキな人にも実に人気があり、口コミ効果によって、そのキャンペーンと共に、商品やブランドなども一気に広められる効果があります。
また、ギフト券や商品券は小さくてかさばらず、財布に入れて持ち運ぶ事ができるくらいなので、突然の贈りものの場合けれども、相手に持ち運びときの苦労をさせません。
もう一度、企業側にとっても保管に便利で、事務所の中に置いてあってもかさばらないので、置き場所に困らないとうメリットがあります。
当選者などにキャンペーン品として郵送する場合にも、現ものを送るわけではないので、かさ張ること無く、搬送コストを安く終わらすことができます。
ギフト券や商品券は、会社の忘年会のゲームなどでいただける景品としても、とても人気があります。
社員にいただける商品券類については、社会通念上ある一定の範囲ならば、「福利厚生費」として計上できるので、社員に喜ばれるだけでなく、税金対策としても有効です。
税務上、不相応と判断される金額だとすれば、「給与」として課税対象となるので注意しましょう。

FXと宝くじの税金対策


FX(外国為替証拠金取引)で儲けたときや、宝くじが大当たりしたときの税金対策について説明します。
「FX」の税金対策・・・FXで税金を納めなければならない人は、1月1日~12月31日の間に、「為替マージン+スワップ金利」で利益を20万円以上出した人だけです。
原則として、20万円以下の人は、税金を納める不要のです。
ところが、このFXについては、税金申告漏れが全然多いと言われています。
中には、1年間で数億円という利益を上げながらも、全然申告していなかったお客様もいたそうです。
また、FXの中けれども、「くりっく365」の参加業者は、税務署に取引を記した書類を提出する必要がありますが、店頭取引の業者については、そんな義務がないので、申告漏れが起こり易くなるのです。
FXの税率は高値なので、大きい税金と手間、利益を考慮したとき、FXの利益はいまひとつ高くないとも考えられます。
「宝くじ」の税金対策・・・・もしも、宝くじで3億円当選したら、いくら税金が加わるか知っていますか?その答えは、“フリー”なのです。
本当は、宝くじの当選金は「非課税」なのです。
では、宝くじの当選金は、どうして非課税となっているのでしょう?
宝くじとは、地方公共団体の利益のために発行しています。
仮に、税金を当選金に課したとすると、宝くじの販売によって利益を上げ、ますます、宝くじの払戻金によっても利益を振り上げることとして、利益を二重取りすることになるので、非課税となっているのです。
また、グループで宝くじを買っている人もいるでしょう。
たとえば、2人で3億円が当たったとします。
そうして、1人が換金に銀行へ行って、3億円を支給された場合、これは“非課税”となります。
但し、3億円の半分の1億5千万円を、もはや1人に分けた場合は、「贈与税」がなるので、再び1人は7,220万円を納めなければなりません。
グループ買いによる当選金を読み取る場合は、その旨を銀行に申し出て、名義をグループ買いした全員として受け取れば、税金は一切かかりません。

医療費控除で税金対策


「医療費控除」の税金対策について説明します。
「医療費控除」と言っても、現に確申を通して医療費控除を受けた方は、断じていないかもしれません。
内容もわからずに、また還付はどれくらいなのか知らないことにはできないでしょう。
まずは、医療費控除のポイントを絞って説明していくので、税金対策に役立てて下さい。
医療費控除とは、年間の医療費が家族全員で10万円を超えた場合に、確申をすることで税金が帰ることです。
たとえば、家中の医療費が年間30万円の場合は、20万円を課税標準から控除でき、それほど所得税が少なくなるのです。
まずは、いかなるものが医療費になるのでしょうか。
簡単に言うと、「治療のために支払ったもの」が医療費として認められます。
栄養ドリンクや美容整形といった治療とは関係がなく、美容や健康増進、病気の予防などは含まれません。
まずは、見落し易い医療費をあげるので、確認してください。
・薬局やドラッグストアで購入した風邪薬や胃腸薬
・発育段階にある子供の歯科矯正
・通院に必要となる運賃(メモを残しておけば良いです。

・危機などしゃあない場合の通院にかかったタクシー代
医療費には、このようなものまで留まるのです。
また、医療費の対象になるのか躊躇うケースもあると思いますが、そのような場合は、医療費としても問題ないでしょう。
税務署から指摘されることはほとんどありません。
それでは、領収書などをかなぐり捨てずに、正しく残しておくことから始めましょう。