オフィスの節電手段を、かんが、える

オフィスの節電手段を、かんが、える時には、まず、何処に電気を、使っているかを、知ることが、キーポイントです。

インタ-ネットで検索すると、多様なデータが、出てきます。

一般的には、空調と照明で6割以上に成ります。

そして、その次が、OA機材です。

もちろん、OA機材は、ジョブのコンテンツによって使用する割合が、相違ますから、一概には、言えませんが、、コピー機から出る熱を、冷やす為に空調機が、電気を、使っていることも無視でき無いでしょう。

このことからわかるように、節電手段としてエアコンの温度を、1度上げることも効用が、有りますが、、OA機材の発熱を、抑えることも大きな効用が、期待出来るでしょう。

OA機材としては、コピー機、FAX、パーソナル・コンピュータが、代表的なものです。

コピー機は、有るくらいの温度迄熱しなければ使用出来ませんから、いつも発熱していることに成ります。

ただ、ここのところのコピー機は、節電モードが、あり、待機時は、出来るだけ消費電力を、抑えるシステムが、取り入れられています。

不要なコピーを、しなければ、もっと節電出来るでしょう。

パーソナル・コンピュータのケースでは、は、、一定時間キーを、押さなければ画面を、停止したり、CPUパワーを、落としたりすることが、出来ます。

そのシステムを、各自が、行っているかを、確認することが、オフィスの節電手段と成ります。

又、雑居ビルに有るオフィスであれば、共用部位の節電もかんが、えなければ成りません。

ビルの管理会社が、積極的に節電手段を、かんが、えてい無いなら、あなたの会社から働きかけてもいいでしょう。

明るい時は、通路の照明を、消すとか、トイレを、自動照明にすると言った手段が、有ります。