エディと鉄道

10122751

地下鉄や湯船に乗る時も電子マネーによる奴が多くなりました。
ほとんどのターミナルや湯船にはカードの読込み機が備え付けられています。
もう電子マネーが使えないところはないと言えるほどに普及しています。
ただ、地下鉄に乗る時にはエディは使えません。
パブリック足が発行している電子マネーなら、ほとんどのカードが使えます。
ただ、一つのカードにエディとsuicaを付帯させることはできます。
suicaはJR東日本の電子マネーです。
つまり、その応用場所に応じて電子マネーを使い分けることになります。
たくさんの電子マネーを携帯していると、どれを使えばいいかこんがらがるでしょう。
そのため、取り扱うカードを決めておくといいでしょう。
そのカードが使えなかったまま別のカードを表すのです。
ポイントの貯め方は難しくありません。
我が国を旅する時は別ですが、限られた地方で生活している限り、必要な電子マネーは少なくていいのです。
当然、おサイフケータイにアプリケーションを入れておけば、たくさんの電子マネーを携帯していることになります。
自分で便利なポイントの貯め方を考えて下さい。
ストレート現金で払うのではなく、エディで支払うことをおすすめする。
ポイントが溜まるホームページや店舗での応用を増やせば、それだけでいいのです。
あなたはどんな電子マネーにおいていますか。
エディが普及している理由は何でしょうか。
応用地方が多ければ顧客が増えて、一層メリットが出てくるのです。
では使ってみましょう。