エディとチャージ

12236852

エディへのチャージの手を紹介ください。
エディとは電子マネーのことです。
現在は楽天エディと姓名が変更されています。
楽天エディはエディが使える店舗なら、どこでもチャージすることができます。
現金を渡してチャージを依頼すればいいのです。
コンビニエンスストアなどではATMが現金手金チャンスとなります。
こういう方法が無理だからには自動チャージもできます。
つまり、残金が設立料金を下回ったら自動的にチャージする。
チャージ元は銀行ポッケやクレジットカードです。
設立は難しくありません。
インターネットでできます。
エディにチャージをするのはエディによるからですが、実践の理由はポイントを貯めることにあるでしょう。
ポイントの貯め方を工夫するため買い物ときの還元率が変わります。
現金でその場で払うよりもエディを使えばポイントが溜まるのです。
エディを使わない手はないでしょう。
多くの人がエディによっています。
ポイントの貯め方で悩んでいる自分もいます。
より高いポイントをもらおうというからです。
ただ、エディを現金代替として使っている自分はポイントのことをからきし考えません。
面倒だからです。
1年間でどれくらいの買い物をするでしょうか。
ポイントの有効期限があり、それを流さないために別の買い物をしてしまうこともあるのではないでしょうか。
それは出金暮らしとして徒労か。
より質素な生活を送ることを考えてみましょう。
無駄な買い物を控えるのです。