節電手段とクールビズ

クールビズは、国が、メインとなって、節電を、すすめているキャンペーンです。

専門業者は、クールビズを、推進する為に、ネクタイを、し無いことやエアコンの温度を、高めに設定しているとお客様に解説することが、出来ます。

ニホン中でクールビズが、認知されることで節電手段も変わってくるのです。

オフィスの節電でかんが、えなければなら無いのは、ジョブの効率を、下げ無いようにして、エアコンの温度を、上げることです。

楽なスタイルを、すれば、温度を、上げても暑さを、感覚が、たく成るでしょう。

お客様に対しても要する以上に冷房を、効かせなくても済みます。

ここでかんが、えなければなら無いのは、クールビズでどのくらいの節電効用が、出ているかと言う点です。

感覚的に効用が、有るとしても、目立った効用が、なければ他の手段を、かんが、えなければ成りません。

外温度が、高ければ、暑さを、感覚るのですが、、それは、外まわりの営業マンたちです。

オフィス内でジョブを、している人にとっては、、外温度は、あまり関係無いのです。

それでも、節電を、しなければ成りませんから、クールビズのかんが、え方を、見直さなければ成りません。

ネクタイを、外すだけで温度を、1度上げても爽快だとおもうのは、無理が、有るでしょう。

例えば、パーソナル・コンピュータでジョブを、するケースでは、、その発熱は、決して無視出来ません。

省電力システムを、強力にすれば、ジョブの効率が、下が、るかもしれ無いのです。

現実には、作業を、している本人が、判断しなければ成りません。

つまり、作業のなかで節電出来る手段を、探す心持ちを、持ってジョブを、していくことが、重要です。