節電手段と省エネ効用

専門業者では、省エネを、常に意識しておかなければ成りませんが、、それが、直接節電につなが、るとは、限りません。

そこで節電効用が、高い手段を、かんが、えることが、キーポイントと成ります。

何となく省エネ効用が、有る気が、するだけで、テンションだけ節電しているのでは、無いでしょうか。

オフィスでは、ジョブを、やっているのですから、要する以上に電気代を、倹約しては、いけません。

無駄なことを、省くことが、節電の基本です。

その無駄とは、何でしょうか。

冷房や暖房、照明は、要するな時だけつけるのは、基本でしょう。

又、エアコンのフィルターは、こまめに掃除を、しなければ成りませんが、、オフィスビル等では、専門業者が、定期的に清掃していることでしょう。

エアコンだけじゃなく、扇風機やサーキュレーターを、応用することを、おススメします。

エアコンは、どうしても吹き出し口にいる人だけに冷風が、当たりますから、サーキュレーターによって部屋全体の空気を、かき回すことで、全員が、爽快な温度に成るのです。

会社の就業時間を、変更する手段も有ります。

USA等では、夏時間が、当たり前となっていますから、それを、見習えばいいでしょう。

就業時間は、事業所ごとに決められますから、組合との調整が、出来ることなら何の問題も有りません。

冷房の使用時間を、1時間減らすだけでも、大きな効用が、期待出来ると試算されています。

冷房を、我慢することが、節電の手段だと思っている人が、少なく有りませんが、、それでは、業務の効率やモチベーションを、下げてしまうことに成ります。

オフィスでは、それだけは、避けたいものです。