オフィスの就業と節電

オフィスでの節電は、ごファミリーでの節電と視点を、変えなければ成りません。

つまり、個人グレードで暑さを、我慢してエアコンを、高めに設定すると言ったことは、たいてい効用が、期待でき無いのです。

そこでトピックされているのが、就業時間を、ずらしたり、オフィスのガラスを、2重窓にしたりすることです。

直接的な節電効用が、明白です。

その手段を、取る為に有るくらいの経費が、発生しますが、、それは、初年度だけに限定されますから、長期的な視点で節電効用を、かんが、えることが、キーポイントでしょう。

就業時間を、ずらすことの効用は、あっても、お客様との接点が、有るケースでは、は、楽々では、有りません。

一口にオフィスと言っても工場と事務所では、業務の流れが、大きく相違ます。

同じ手段で節電することは、無理が、有るのです。

部署毎に効用的な節電を、かんが、えて下さい。

工場だけで就業時間を、ずらすことが、出来ることなら、その節電効用は、高まります。

そのケースでは、でも、営業マンは、これ迄通りの就業時間とするのです。

コンサルタント専門業者に相談すると、多様なシステムの導入を、すすめられるでしょう。

その初期費用は、かかっても、5年スパンでかんが、えれば節電手段としては、悪いアイデアでは、無いのです。

専門業者は、1年毎の節電を、かんが、えているのでは、なく、効用が、合った手段は、以来も継続していくことでしょう。

そして、来年は、さらに節電を、すすめることに成ります。

業務の拡張によって電気消費量は、加増ますが、、それらを、総合的に判断することが、キーポイントです。

単純な数字だけを、見ると間違った方向に進んでしまいます。