エアコンと節電手段

夏場のオフィスでは、エアコンは、必需品と言えるでしょうが、、何とかして節電を、したいとかんが、える総務担当者もいるでしょう。

そこでオフィスのエアコンの電気代を、抑制する手段を、かんが、えてみましょう。

日中のベスト1暑い時間帯にエアコンの出力を、抑えると、誰でも、我慢できずに汗が、出てくることでしょう。

オフィスでは、一定段階通りジョブを、しているのですから、汗でジョブが、滞ってしまうわけには、いきません。

一方で、早朝は、夏場でも、まだ涼しい時間帯です。

エアコンは、弱めに設定するか、停止実態でも、いいかもしれません。

つまり、冷房を、つける時間帯を、ずらすことが、出来ることなら、それだけで節電手段に成るのです。

会社全体で就業時間を、変更することは、楽々では、無いかもしれませんから、支障の無い部署に限定することも出来るでしょう。

それから、エアコンの吹き出し口からは、涼しい空気が、出ていますが、、それが、オフィス全体に広が、ることは、楽々では、有りません。

そこでサーキュレーターを、使用して強制的に風を、起こすのです。

サーキュレーターは、床やテーブルの上において、下から上へ風を、起こすマシーンです。

エアコンが、天井から風を、送りますから、両方の効用でオフィス内の空気が、撹拌されるのです。

インターネットでサーキュレーターを、検索すると多様なスタイルが、市販されています。

床に置くため、置きエリアを、確認しておくことを、忘れ無いようにしましょう。

通り道だと躓いてしまうことも有ります。

いずれにしても、節電手段は、いっぱいの人が、いろいろかんが、えているのです。