残業とオフィスの節電

ジョブが、忙しくて日々残業を、している人は、少なく有りません。

もちろん、夏場は、エアコンを、つけていますが、、節電の見地からは、どうなのでしょうか。

わずか人数だけであってもオフィス全体を、冷やしていますから、効率は、悪いとかんが、えられます。

ただ、時間帯が、日没後ですから、エアコンのパワーは、最小限で済むは、ずです。

一人でジョブを、することで効率UPに成るとかんが、えているサラリーマンも少なく有りませんから、節電の見地だけから残業は、止めるべきだと言うのは、無理が、有るでしょう。

又、少人数であればオフィス全体では、なく限定した空間だけを、冷房すればいいですから、エアコンから見た節電手段としての効用は、意外と高いのかもしれません。

日中は、コピー機やパーソナル・コンピュータも電気を、消費しますし、発熱も有ります。

その発熱を、抑える為にエアコンの温度を、下げてしまうのです。

残業時間帯には、コピー機は、停止していますし、ごく一部のパーソナル・コンピュータだけが、動作していることでしょう。

自己発熱が、なければエアコンの効率は、確実によくなっているのです。

もちろん、現代においては、残業を、出来るだけ減らすことが、専門業者経営の課題で有ることは、紛れも無い事実です。

そこで発想を、変えて、就業時間を、夕方から深夜にずらす手段は、如何ですかか。

ジョブの関係でお客様と直接対応しなければなら無い部署では、無理ですが、、設計等の自分自身自身たちの作業を、すすめればいいだけのケースでは、、時間の変更は、かなり自由に成ります。

連絡事は、E-mailで行なえばいいでしょう。