節電手段のヒント

夏場に成るとエアコンを、強力に効かせたいとかんが、える人は、少なく無いでしょう。

だけど、現代のオフィスでは、それは、大きな非難を、浴びてしまうことです。

つまり節電を、かんが、えて、エアコンを、弱く出来る手段を、考慮しなければなら無いでしょう。

節電のヒントは、何処に有るのでしょうか。

まず、オフィスで使用している電気代は、何に使っているか把握していますか。

ビルの構成や職場環境条件によって異成りますが、、一定段階のオフィスであれば、空調と照明だけで6割以上の電気代と成ります。

残りは、コピー機やパーソナル・コンピュータ等です。

空調の電気代を、抑える為には、外部からの熱を、遮断することが、ベスト1確実です。

ガラスを、反射率の高い素材に変更するだけで、外部からの日差しを、抑制することが、出来ますから、その分温度上昇が、少なく成るのです。

又、ガラスを、交換すると工事費用が、かかりますから、カーテンやスクリーン等を、取り付けることでも、同じ効用を、得ることが、出来ます。

オフィスでどのような業務を、やっているかによって、節電手段は、変わってきます。

窓からお客様の様子を、見なければなら無い職場では、遮光性の有る窓は、無理ですし、冷房を、弱くしてお客様に不快なおもいを、させられ無いのです。

省エネ機材としてLED照明やサーキュレーターも応用出来ます。

キーポイントなことは、設備投資費用と節電効用を、確認することです。

導入だけでその後のフォローが、できなければ、節電手段が、適切だったかを、確認出来ません。

節電は、一時的なことでは、なく、継続が、キーポイントでしょう。