オフィスとごファミリーの節電の相違

オフィスとごファミリーでは、部屋の創りや人の数が、相違ますから、節電手段も違ってきて当然です。

だけど、そのことを、いっぱい捕捉してい無い人が、少なく有りません。

ごファミリーの延長線でかんが、えてしまうのです。

一家の主婦であれば、当然節電の手段を、かんが、えているでしょう。

ただ、それを、オフィスに持ち込んでも、効用が、出無いばっかりか、逆効用になってしまうケースでは、も有ります。

例えば、オフィスには、コピー機やFAXが、有ります。

これらは、電気を、入れておくだけで、かなりの発熱が、有ります。

これによって、作業を、する人は、冷房を、強力にしてしまうのです。

そこで要するな時だけコピー機の電源を、入れることを、提案したらどう成るでしょうか。

コピー機が、電源を、入れてからコピーが、出来るように成る迄有るくらいの時間が、かかります。

内部を、暖めているからです。

直ぐにコピーが、出来ませんし、起動時は、余分な電気を、使ってしまうのです。

作業が、進ま無いだけじゃなくトータルの電気代は、加増てしまうことでしょう。

時には、、窓を、開けて涼しい空気を、入れると冷房費を、倹約出来るとかんが、えるかもしれませんが、、デスクに置いた書類が、風に飛ばされて作業の邪魔を、してしまうでしょう。

いずれにしても、おのおのの職場に合わせて節電手段を、かんが、えなければ成りません。

インターネットで検索すると多様な手段が、出てくるかもしれませんが、、それを、単純にまねしても思ったほどの効用は、得られ無いと捕捉しましょう。

もっと、作業効率を、上げて、残業を、減らしてみることは、如何ですかか。