節電の意義

節電を、することが、キーポイントで有ることは、わかっているとしても、本当の意義を、認識しておかなければ成りません。

専門業者にとって、オフィスの電気代は、経費と成りますから、出来るだけ減らすことが、利益につなが、ります。

だけど、それだけじゃなく節電を、積極的にすすめている専門業者と言うことを、社外にアピールすることに意義が、有ります。

その姿勢を、明確にすれば、お客様との打ち合わせ時も冷房を、弱めに設定していいことに成ります。

一つ一つの専門業者だけで節電の手段を、かんが、えるのでは、なく、世間全体で節電を、すすめることが、キーポイントでしょう。

その一助になっていると自社を、宣伝すればいいのです。

少しぐらい表向きのお目当てと社内的なお目当てが、違っていても、それが、問題に成るは、ずは、有りません。

両方のベクトルは、同じ向きだからです。

ただ、キーポイントなことは、冷房を、弱くした為に、書類が、汚れてしまったり、品質の悪い生産品が、許されたりするわけでは、有りません。

専門業者の業務に支障が、出無いように、うまく節電手段を、かんが、えていかなければ成りません。

これによってに応用出来るのが、LED照明やデマンド制御装置です。

初期投資が、かかっても長期的な視点で判断することが、キーポイントでしょう。

節電によって利益を、出すのでは、なく、無駄を、省くことを、かんが、えていくのです。

ただ、専門業者にとっては、無駄を、省くことが、利益に直結しています。

節電が、世間的な要請だとしても、専門業者は、自社の利益の為にオフィスの節電を、すすめて構わ無いのです。

専門業者とは、利益を、得て、社員の生活を、支えることが、存在意義なのです。