オフィスのパーソナル・コンピュータと節電

オフィスでは、いっぱいのパーソナル・コンピュータが、稼働しており、おのおのは、かなり発熱しています。

もちろん、ジョブを、しているのですからパーソナル・コンピュータを、停止させることは、出来ませんが、、細かく設定することで節電の手段が、見えてきます。

一人一台のパーソナル・コンピュータ環境条件であれば、オフィスの節電手段は、パーソナル・コンピュータを、かんが、えることと同じでしょう。

まず、自分自身自身が、どのようにパーソナル・コンピュータを、使っているかを、かんが、えてみましょう。

ずっと、連続してキーボードに触っていて、文や数字を、入力する作業であれば、その間は、安定して動作しなければ成りません。

例えば、1分の間が、あっただけでモニターを、消す設定にしたケースでは、、それが、作業効率を、下げてしまうケースでは、も有ります。

ただ、入力だけであればCPUパワーを、要するとしませんから、クロックスピードを、遅くすることも出来るでしょう。

逆にCPUパワーが、要するな業務であれば、クロックスピードを、下げることは、業務効率の低下となってしまいます。

自分自身自身のパーソナル・コンピュータの本体を、触ってみましょう。

熱いでしょうか。

パーソナル・コンピュータの温度を、下げることは、パーソナル・コンピュータにかかる電気代を、抑えることに成りますが、、それだけじゃなく発熱による冷房費の増加を、抑えることに成るのです。

USB接続スタイルの小さな扇風機を、応用している人も加増てきました。

顔に風を、当てることで、体感温度を、下げることが、出来ます。

爽快な心持ちでパーソナル・コンピュータを、使うことが、キーポイントです。

又、席を、立つ時には、モニターの電源が、切れるように設定しておきましょう。

もう一度、パーソナル・コンピュータの設定を、確認して下さい。