クレジットカードの仕組み

お茶の間のテレビCMなどでもときどき宣伝されている「クレジットカード」。
使っている人も手広く、私たちの暮らしにおいて親しみのある存在です。
知られているクレジットカードですと、三井住友VISAカードや、楽天カード、イオンカードなどがあります。
これらクレジットカードはどんなふうにサービス提供されているのでしょうか。
利用者はカードを提供している会社からカードを発行してもらいます。
それから、それではそのカードの利用が可能なショップを見つけましょう。
クレジットカードを用い、販売商品をお買いものする流れはこのようになります。
1.利用者がクレジットカードで店から販売商品をお買いもの。
この時点で販売商品は手に入りますが、未だにお金は支払われていません。
2.カードを提供している会社が販売商品お買いもの代金を、販売店舗に立て替え払いします。
このとき、カードを提供している会社側には販売店舗側から手数料がはいります。
3.カードを提供している会社は利用者の銀行口座から、販売商品お買いもの代金分を引落とします。
これにより、利用者は実際にお金を支払ったことになります。
クレジットカードはこのように、関節的取り引きで成り立っています。
また、分割払いといった支払い方法も多様にあるので、大きなお買いものもし易いという利点があります。
クレジットカードでお買いものをするとポイントがたまる、というおトクなカードも多いです。
ただし、実際にお金を目の前で手渡す訳ではないので、「これから分割払いでもして払えば良い」と、よく考えずにクレジットカードで販売商品をお買いものしてしまい、一大事態が起こった事例もあります。
クレジットカードはとても便利なものです。
よく考え、賢く暮らしに取り入れていきましょう。

初めてのオススメのレジットカード

さんざっぱら便利で、多くの人が活用しているクレジットカード。
カードと一括りにいっても、もっている特徴は全てカード会社によって異なります。
「使ってみたいけど、どのクレジットカードを選べばいいかわからない」と苦しむ方も多いと思います。
では、初めて利用する方はどのようなカードがちょうど良いのでしょう。
カードを選ぶときの基準としては、すごく3つあげられます。
ひとつ目は、年会費が無料なこと。
最近は年会費無料のところが多いですが、年会費有料なところもあるのでちゃんと確認しましょう。
2つ目は、利用者が多い、人気のカードを選ぶこと。
知られているカードを提供している会社であれば、危険なカードを提供している会社に案じる恐れがありません。
カード利用者が多ければ、それだけで真実味もあります。
3つ目は、ポイントが溜まるなど、おトクなサービスがあること。
詳細は会社により大きく異なるので、自分が気になったカードを提供している会社にするといいでしょう。
次に、これら3つの要素を兼ね備えた、初心者にお薦めのクレジットカードを紹介します。
とりわけ、「楽天カード」。
利用者が最も手広く、オンラインの楽天市場でも利用ができます。
ポイントも100円につきワンポイントとたっぷり貯められ、サービスも充実しています。
また、セキュリティがしっかりしているだが人気の理由のひとつでしょう。
次に、「イオンカード」。
こちらもよく耳にしますね。
このカードは、イオングループのショップで利用するとおトクなカードになります。
イオンカードにはたまるポイントが2種類あり、同時にポイントが貯められることが特徴です。
また販売商品お買いもの以外にも、ポイントを他のポイントサービス会社に移行出来るメリットもあります。
最後に、「JMBローソンPontaカードVisa」。
これは親しみのあるローソンを利用することでポイントが貯まります。
カードで販売商品をお買いものしなくてもクレジットカードを提示するだけでポイントが溜まるところが特徴です。
ローソンとどこにでもある親しみのあるコンビニですので、利用もし易いでしょう。
沢山クレジットカードがありますが、それぞれの特徴をよく理解してクレジットカードを発行するようにしましょう。

ウェブストア利用でクレジットカード

クレジットカードは方々で利用できます。
スーパーやコンビニ、食堂などあらゆる場で大活躍です。
余計使えば使うほどサービスや特典がついてくるカードも手広く、たくさんの利用者が増えています。
あんなクレジットカードは店頭だけでなく、ウェブストアでの利用も可能なのです。
ウェブストアも店頭と同じで、カードを扱っているところと扱っていないところがあります。
それではそこをちゃんと確認しましょう。
ウェブストアでカードを利用する場合、利用するカードのカード情報、具体的には名前、カード番号、有効期限を入力します。
流れに沿って情報を入力していけばいいだけなのでさほど簡単といえますが、いくつか間違え易いポイントがあります。
一つ目は、「名前」のフォームにその販売商品のお買いもの者の名前を入れて仕舞うこと。
実際にはクレジットカードに表記されているカードの名義人を入力します。
また、ローマ字による入力なので、間違えて日本語に変換してしまわないようにください。
二つ目は、「カード番号」の記入の細い指令をいまひとつ確認せずに入力して仕舞うこと。
ウェブストアによって、ハイフンを塗るところとつけないところがあります。
よく確認して間違えのないように入力しましょう。
三つ目に、「有効期限」のところで入力するたまに、年月を逆に入力して仕舞うこと。
これは思い込みでやって仕舞う人が多いのですが、年と月が「◯月/◯年」と逆に表記されています。
思い込みでの入力はやらないようにして下さい。
これらを注意して行えば、ウェブストアでのお買いものは店頭と同じように簡単に行えます。
店頭だけでなく、ウェブストアでの利用もしてみてはいかがでしょう。