クレジットカードの種類や分野別オススメ

クレジットカードの種類はたくさんあります。それらの種類や分野特別オススメの役にたつクレジットカードがたくさんあります。
そんなクレジットカードの概要をみてみましょう。

女性対しクレジットカード

たくさんの利用者がいるクレジットカード。
CMでも頻繁に放送され、使っていなくてもいかなるものなのか理解していると思います。
多くの種類があるクレジットカードですが、女性向けのクレジットカードがあることをご存知ですか?
女性向けのクレジットカードを発行しているカードを提供している会社は具体的に、「三井住友VISAカード」や「JCBリンダカード」などが挙げられます。
カードを提供している会社の狙いとして、スーパーや、ショッピングをする機会が多い主婦層をターゲットとし、クレジットカードの利用が頻繁になるといったものです。
女性対しクレジットカードは、カードのデザインが甚だ可愛らしかったり、育児や暮らしの有り難い特典がついているカードであったりします。
三井住友が発行するクレジットカードは「三井住友VISAアミティエカード」です。
年会費が無料で、国内に限らず外国でも使用が可能なVISAブランドを選択することも出来ます。
また、携帯などの利用により、ポイント倍付け特典といったサービスもついてくるので、心から使いやすくおトクなカードでしょう。
海外旅行保険もついているので、真実味もあります。
「JCBリンダカード」はクレジットカードの中で一番オシャレなカードです。
元々女性向けに作られたクレジットカードだけあって、女性に好ましいサービスばかりがついています。
また、女性特定がん保険といった、女性向けの保険も充実しています。
この他にも女性を対象としたクレジットカードはたくさん発行されています。
それぞれの特徴をよく吟味して、おトクにカードを利用しましょう。

40代、50代でいよいよクレジットカードを始める時

今までお金で支払いの決済を通じていたけど、クレジットカードの方が最適だからカードを発行しよ。
そんなに想う人も多いでしょう。
但し、次いでクレジットカードの申込み審査を受けたら落ちてしまった、についてをよく聞きます。
では、やっとクレジットカードを持つ40代、50代の方が発行するのは苦しいのでしょうか。
クレジットカードの申込み審査の中に、クレジットカードの使用利用履歴があります。
学生や20代の方であれば、クレジットカードの利用履歴が無くても理由がわかり易いため、申込み審査は通りやすいのですが、中年層で利用履歴がまっ白だと、何で今になってクレジットカードをとろうとしたのかと疑ぐり濃い目で見られてしまう。
申込み審査をする側は理由を勘ぐります。
今までクレジットカードを発行するだけの収入が安定してなかったのではないか、とか、なにか訳ありな理由があるのでは、などと断然こうした奥深い理由がなくとも疑いの目で申込み審査を患うのです。
もちろん、発行利用履歴のないことが悪いというわけでは決してありません。
恥ずかしいこともないのですから、気に病む必要もありません。
でも申込み審査を通り過ぎることも十分に有り得ますので、正直に情報は申告ください。
ただ、申請していた会社の申込み審査が落ちてしまったからといって、バイトの面接のように複数頼むことだけはしてはいけません。
「申込みブラック」と呼ばれ、一層申込み審査が通り難くなってしまいます。
落ちてしまったけれどカードを発行しよという場合は、最低半年は空けるようにして、申込み審査を受けるようにしましょう。

新社会人にオススメのクレジットカードVISA

社会人になり、やっとクレジットカードを発行する、という方は、たくさんあるカードの種類からどのクレジットカードを選べばいいのか、と悩んだりしてませんか?そんな新成人さんにオススメのカードは、三井住友の「VISAカード」です。
最近はどこのクレジットカードにもついて来るポイントサービス。
三井住友のVISAカードでは、他社に比べ入会した際のポイントサービスがとても充実しています。
利用したときの合計金額1000円につき、ポイントが2ポイント入ります。
これは、他社についてそこそこポイントが貯まりやすいです。
それに与え、入会の3ヶ月間は自動的にポイントが5ポイント贈呈されます。
また、ついに販売商品をお買いものする人でも安心な、「ショッピング保証」というのもついてきます。
ショッピング保証とは、クレジットカードでお買いものした販売商品が破損してしまったり、盗難されてしまったときの損害を、90日間保証してくれるものです。
ただ、これはリボ払いと3回以上の分割払いにのみ適用されます。
最後にVISAカードをオススメする点として、26歳以降の更新をされた時に、「プライムゴールドカード」へ自動レベルアップすることです。
再度、プライムゴールドカードの特典として、「継続ポイントサンクス」というポイントが付与されます。
プライムゴールドカードでは、貯めたポイントを景品と交換できたり、他社のポイントサービスに移行することができます。
このように、VISAカードはおトクで安心なサービスが盛りだくさんです。
新成人の人はできるだけ、VISAカードを発行してください。

フリーターもクレジットカード

よく主婦や正社員の方が活用しているイメージが力強いクレジットカード。
サービスや特典も手広く、はなはだおトク感があります。
では、クレジットカードは誰でも焼けるものなのでしょうか。
原則的には18歳からという年齢による制限はかけられていますが、職柄などは関係するのでしょうか。
正社員の方がクレジットカードを組み立てる場合、収入が安定していることが聞き取れるため、発行時に変わる申込み審査は粛々と通ります。
但し、フリーターや非正社員はどうでしょう。
収入は安定していません。
フリーターは申込み審査が通りにくいという話も聞きます。
クレジットカードの利用金額分、返済を通じてもらわなければいけないため、無論収入が安定している方が有利にはなりますが、ですから発行できないという理由にはなりません。
フリーターもクレジットカードは作れます。
ただ、どこのカードを提供している会社でも申込み審査を難なく受かることができるかというと、それは違います。
選ぶ基準としては、利用限度額が低めに設定されている会社です。
利用限度額が低めならそのぶん返済もし易くなります。
そうなると、収入が安定していないフリーターでも十分クレジットカードを通しても安心と判断されるのです。
また、20代の若い人であれば学生ものの扱いになるので、将来に見込みがもてる有望な知人として、グングン申込み審査は受かり易くなるでしょう。
ただ、ゴールドカードといったステータスカードはチラホラ苦しいだがあるので控えましょう。
このことから、職についてはそこまで重要視していないといえそうです。

クレジットカードのブランド

クレジットカードの利用増加によって、様々な種類のクレジットカードが発行されています。
その中で、「国際ブランド」や「国内ブランド」と呼ばれるクレジットカードがあることをご存知ですか?誰でも耳にしたことのある「セゾン」は国内ブランドですし、海外のことで知られている「VISA」は国際ブランドなのです。
国内ブランドは、カードの発行元が国内です。
「国内」と名付けられるだけあって、利用できるところは国内の加盟店に限られます。
一方、国際ブランドは国内のみにとどまらず、海外にも利用範囲を広げ、どこでも様々なサービスを頂けるように作られています。
これらの特徴から、国際ブランドのクレジットカードを選んだ方が使い勝手はいいと言えるでしょう。
国際ブランドの中それでも、世界中それでも利用できる使い勝手を求めるのなら「VISA」か「Master」をオススメします。
外国の加盟店が圧倒的に多いので、海外旅行に行く時などにとても便利です。
外国にいく機会はあまりなく、国内旅行など、国内を飛び回る方が多いという方には「JCB」をオススメします。
JCBは国内の加盟店数が最も多いので、どこへ出向くも利用でき、甚だ使い勝手がいいです。
また、海外に出向く場合それでも「JCBプラザ」という世界60カ国にある日本語対応窓口というサービスを受けられます。
海外に出向くのが不慣れで不安な方や、英語が使えない方は、JCBのクレジットカードを利用すると安心でしょう。
ブランドというと格式が激しく、いまいち関係のないように聞こえてしまいますが、十分に活用されている親しみのあるカードなんですね。