CFD口座を開設しよう


日本国内ではCFD取引の普及はまだまだと言って良いでしょう。
FX取引に比べるとその普及率も段違いに少なくて、サービス自体を提供している業者も安いのが現状です。
そのCFD取引ですが、日本で最初にお客様向けにサービスを渡したのがひまわり証券です。
ひまわり証券は真新しい事にチャレンジする精神を持っているみたいで、今や人気となっているFX取引も最初に日本で渡したのがひまわり証券だったと言われています。
大層時代の先取り状態ですね。
ですから、仮にCFD取引をどこで決めると思った場合には、とにかくひまわり証券で口座を開設してみてはいかがでしょうか。
無論その他にもSVC証券やオリックス証券等も有りますので、サービス内容を美しく見て設ける様にください。
もしも迷って何とも無いという方は、今の時点ではさほどサービスを提供している業者が少ないので全ての業者に口座を作ると言うのも1つの案だと思います。
CFD取引を始めるには口座を業者に作らなければならないのですが、今までは書類を実際の店舗で書く等、非常に面倒でした。
一層資料を郵送する等申込から1週間位繋がるみたいだったので時間はかなり面倒だった事が伺えます。
ただし今はインターネットという強いものが有ります。
身分証明をスキャンして添付してメール送信したり、Web上から直接申し込んだりと、時間を気にせず頼む事が可能なのです。
その分手軽に投資が使える様になったと言えます。

CFDの市場について

市場としてはCFD市場では世界70ヶ国もの国で取引が行われている為に、割に著しい市場で在る事が伺えますCFD市場はヨーロッパを中心に活発的に取引が行われていますので、世界的にたくさん普及していると思われがちですが、意外にも金融大国アメリカにおいての普及率がないらしいです日本では再度普及率がない状況で見て取れると言えます。
そういった事から株やFX取引程の世界的大規模さはCFD取引には見分ける事が出来ないのです。
日本に関して言うならば、2008年に起きた金融危機が足かせになっているのではないかと言われています。
この金融危機を招いた原因の1つにはレバレッジ取引が行き過ぎてしまった事によると言われています。
CFD取引もレバレッジを利用する為に、大きな利益と大きな損失を生みだして仕舞うデメリットが在ると言われているのです。
ただし日本ではCFD取引に関する知識がまだまだ薄く、今後どうして動いていくのか見守りたい所です。
取引を通している市場自体がつまらないと、取引する量が全体的に少なくなってしまう。
これにより流動性のリスクというものが問題になってくる。
取引量が少ないと値動きがどうにも荒く出てきてしまうので、極端に値下がりしたり値上がりしたりという状況も発生してしまう様になります。
CFD市場自体がほどほど幅広いけれどもまったくしょうもない理由としては、ユーザー向けに提供されたのが依然最近の事だからだと言えます。
ユーザー向けにCFD取引が行われ始めた今後、大きく市場が拡大していくのかもしれませんね。

CFDのメリット


他の取引には弱い様なメリットがCFD取引にはたくさん有ります。
その中のいくつかをご紹介してみたいと思いますのでぜひ参考にしてください。
【24時間いつでも取引が出来る】
CFD取引を通じている市場は世界中の市場で行われています。
たとえば日本の市場が開いていない時間帯も、海外のどっかの市場が開いている為取引をする事が可能です。
またその海外の市場が開いてなくても別の市場が開いています。
24時間必ずどっかの市場が開いている事になるのです。
昼間仕事をしていてのほほんCFD取引が出来るのが夜しか無いという方や、取引する時間がばらばらという方等、色んな生活に対応出来るというメリットがCFD取引には有ります。
ですからチャンスをずっと手に入れる事が出来るのです。
ますますCFD取引では決済日という制約が有りません。
通常信用取引の場合は半年以内に決済をするという制約が設けられています。
その為に損をすると分かっていても決済日の制約で決済をしなければならない場合も出てくるのです。
これほど恨めしい事は無いでしょう。
CFDの場合はこんな制約が無い事からチャンスを最大限に使いこなす事が出来る取引であると言えるのです。
【コストが意外と安く済む】
通常の株取引と比べてみてもCFD取引にかかるコスト自体は大いに安く済む様になっています。
実にCFD取引の手数料を無料としている証券会社も有る位です。
依然として日本での普及率は乏しいCFD取引ですが、今後そういった証券会社も増えてくるから普及率も伸びると予想されます。
また、証拠金率は銘柄毎に設定されていますが、全体的に通常の1割安く設定されています。
この為、案外予算が少なくても作る事が出来るのです。

CFDのデメリット

現もの株取引、商品先もの取引、先もの取引等を通じている方でCFD取引も行っている方はいまや感じているかもしれませんが、CFD取引にはデメリット部分が殆ど無いと言って良いでしょうという事です。
わざとデメリット部分を挙げてみるとするとすれば取引銘柄が多過ぎるという事かもしれません。
近年急速に広がりを見せたのがFX取引です。
差金決済取引を主に行っているのでその資金効率の高さが人気の理由と言われています。
但し、急成長を遂げた理由はそれだけでは有りません。
FX取引は取引出来る銘柄が限られているので投資経験が浅い人にとっても銘柄を選び易く取引し易いと言う点があるからだというのです。
また日本国内で行われている現もの取引だけを見ても押さえる様に心からバラエティショーの銘柄が有り過ぎて何の銘柄が良いのか、どうして上昇して行くのかと考える事さえ一大のです。
これはプロでも一大のに経験が浅い人と来たら一段との事でしょう。
それなのにCFD取引は日本国内だけに留まらず、世界中で取引が行われていますので世界中の銘柄が対象になってくる。
こうなると必ず何を選んだら良いのか思い付か位になってしまいます。
情報収集も如何にも一大事でしょう。
プロのユーザーにとってはCFD取引は一大メリットが有る取引だと思います。
根っからCFDはトレーダー向けではなかったのですから納得もする事でしょう。
そういったデメリットを考えてみると投資ビギナーにはCFD取引は手を出し辛い取引である事がわかるでしょう。